Setelah Modifikasi Cuaca Berhasil di G20,
Luhut Ingin RI Punya Lembaga Khusus

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Jumat, 25 November 2022 07:58 WIB


G20サミットの各国首脳を招いた「ガラディナー」で、ルフート・ビンサール・パンジャイタン海事・投資担当調整大臣が晴天の裏話を披露した。


気象制御:ウィキペディア

気象を人工的に操作したり制御したりすることである。気象改変、気象調節、気象コントロール、天候制御とも言う。


11月15日、バリ島ヌサドゥアのガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ<Garuda Wisnu Kencana(GWK)>カルチャーパークで夕食会が開催されました。

ルフット氏は、政府が専門家や公認の機関とともに、気象制御のシナリオを実施したと述べた。

“2022年G20サミット屋外イベントの気象制御技術(TMC)について、科学技術と各方面の希望と祈りが結びつき、いかにしてその証明に成功したか、少しフラッシュバックした話です。”

ルフット氏は、2022年11月24日(木)夜、彼自身「Instagram」アカウントを通じて、こう語った。

気象シナリオの実施を決定したのは、G20サミットの数日前だった。

ルフット氏は、ジョコ・ウィドド大統領、通称ジョコウィ氏に同行して、GWKの場所を各国首脳の夕食会場として検討したことを明らかにした。

そこで、ルフット氏とジョコウィ氏は、イベントのコーディネーターであるウィシュヌタマ・クスバンディオ氏(前観光創造経済大臣)の説明に耳を傾けた。

その時、大雨が降っていた。ルフット氏は、ウィシュヌタマ氏の話を聞きながら、ちらりとジョコウィ氏を見た。

「大統領の物思いにふける顔を見た。その時、彼が考えていたことは、私が考えていたことと同じだったようだ。お祭りのようなにぎやかなイベントにしたい」とルフット氏は言う。

GWK訪問後、ルフット氏は気象気候地球物理庁(BMKG)、インドネシア空軍、PUPR(国民住宅省)、気象制御技術の専門家、トゥリ・ハンドコ・セト氏と面会した。

彼らにとって、ルフット氏は11月15日にGWK文化公園周辺に雨が降らないようにしたかったのだ。

<G20サミットに見る気象制御技術>

G20サミット会場周辺に塩を撒き、気象制御のシナリオを実施した。

ルフット氏は、雲の厚さを見て、どれだけの塩をまくか、緻密な計算が必要であることを確認した。

ルフット氏によると、この技術を実行するために29トンの塩を積んだ便が11便あるそうだ。

「この作戦のために多額の予算が必要なことは想像に難くない」とルフット氏は言った。

このガラディナーの場所とは別に、ルフット氏によると、これらの機関や機関の専門家や関係者は、G20の首脳が「The Apurva Kempinsi」地区にある昼食用のバンブードームに向かって歩く時に、雨が降らないようにするように頼まれたそうです。

天候を改善するための努力により、11 月 15 日を通してヌサドゥアに雨は降りませんでした。

しかし、G20サミット開催地以外のバリ島では、雨が降っているように見えました。

G20サミットの後、気象制御の専門家と話したとき、ルフット氏は「このシナリオは継続的に実行できるのか」とも尋ねました。

例えば、森林火災や、乾季が来る前に人工雨で貯水池を灌漑し、干ばつを防ぐためなどです。

そして、インドネシアにTMCの機関を持たせたいと考えていた。

「これだけの規模の科学技術には、気象制御技術を収容する専門機関が必要だという結論に達した」とルフット氏は言う。

タイなど他の国にも、国王に直接責任を負う同様の機関があるという。

<簡単解説&コメント>

あるあるとは聞いていましたが、このG20でこの技術が使われたという話題には、目を離せないと思い、取り上げさせていただきました。ある意味、神様の想いに意を反しているような、戦争にも十分りようできるこの技術に、違和感を持ちました。皆様はどのようにお考えになりますか?
さらにこれは、今回だけではなく、先日の「マンダリカ MotoGP」でも使われているようだ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。