Kalah Gugatan Nikel di WTO,
Jokowi Beri Pesan Tak Gentar !

オンラインメディア「CNBCインドネシア」が伝えています!
27 November 2022 07:45


インドネシアのジョコウィ大統領は、世界貿易機関(WTO)の紛争解決機関(DSB)でインドネシアが欧州連合に敗れたことに対し、次のように発言した。

インドネシア政府がニッケル鉱石の海外輸出を禁止している問題で、インドネシアがWTOで敗訴したことが知られている。

WTOでニッケル訴訟に敗れたものの、ジョコウィ大統領は「原材料の下流(国内に優先的に流通)化政策は継続する」と断言した。

「我々はWTOに連行され、わずか2ヶ月前に敗れたが、原材料の下流への我々の勇気、それは我々がWTOで敗れたにもかかわらず、継続するものです。」

ジョコウィ氏は、土曜日(11月26日)、ジャカルタ、セナヤンのグローラブンカルノ(Gelora Bung Karno)スタジアム(GBK)でヌサンタラ・ブルサトゥ(Nusantara Bersatu)ボランティアの集会で言った。

最も重要なことは、インドネシアが勇気を持って決断し、他国からの圧力を恐れないことだ、とジョコウィドド氏は言う。

大胆な決断をすることで、インドネシアは2045年に最も経済力のある国のトップ5に入ることが期待されています。

周知のように、インドネシアはWTOで欧州連合に敗訴している。

紛争DS 592に記録されたWTOの決定は、2022年10月17日に発行された内容で、

インドネシアのニッケル鉱物加工・精製輸出政策と義務は、WTOの1994年GATT第11条第1項の規定に違反し、1994年GATT第11条第2項(a)と第2項(d)によって正当化できないことが証明されたと決定した。

最終報告書には、インドネシア政府が提出した、限られた数量の国内ニッケル埋蔵量と適正採掘規範(環境面から考える)の実施に関する反論を退けたことも記載されています。

エネルギー鉱物資源省のアリフィン・タスリフ大臣は、パネルの決定はまだ恒久的な法的効力を持つものではない、と述べた。

したがって、インドネシアは、紛争解決機関によって、その決定が採択される前に、規制を変更したり、不適切と思われる政策を撤回したりする必要はないのである。

「委員会の決定はまだ永続的な法的効力を持つものではないので、政府は控訴するだろう」とアリフィン氏は言った。

最終報告書は、2022年11月30日に他のWTO加盟国に配布され、2022年12月20日に紛争解決機関の議題に含まれる予定である。

WTOの規定に違反するとされる法令がいくつかあります。

まず、鉱物及び石炭採掘に関する法律第4/2009号。

第二に、鉱物及び石炭採掘事業に関する2018年エネルギー鉱物資源大臣規則第25号の第二改正に関する2019年エネルギー鉱物資源大臣規則第11号。

第三に、加工・精錬による鉱業製品の輸出要件に関する2019年貿易大臣規則第96号。

第四に、鉱物・石炭採掘事業活動に関する区域の付与、許可、報告の手続きに関する2020年エネルギー鉱物資源大臣規則第7号。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。