Polisi Terapkan Tilang Manual
Atasi Pengemudi Pakai Pelat Palsu

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
火曜日, 29 Nov 2022 07:12 WIB


警察は、ETLE(電子交通法施行システム)やカメラを使った発券で捕まらないように、偽の車のナンバープレートを使って「裏をかく」人が多いことがわかったため、手動発券に戻すと発表。

最初の例は、手動切符の発券しないという方針の中で、ナンバープレートを外すケースです。

さらに、車のドライバーが偽の車のナンバープレートを利用する現象も起きています。

“地域で起きている現象は、ナンバープレートの取り外し、ナンバープレートの改ざん” とメトロジャヤ警察(ジャカルタ警察)の交通局長であるラティフ・ウスマン長官は語りました。

2つのアクションについては、首都警察が既存のスキームで手動チケットを実施することを確認しました。

さらに、ナンバープレートを外すのは、おおよそ二輪車で行なわれており、偽のナンバープレートを使用するのは車のドライバーだといいます。

“現在はバイクのナンバープレートがほとんどで、一部の自動車でも偽のナンバープレートを使用されています。

私たちはこれを止め、不適当かどうかを確認し、彼が書類を提示できるまで車を留め置きます。」と言います。

ラティフ氏は、もし犯罪的な要素が見つかれば、車を没収する可能性もあると付け加えました。しかも、この行為は犯罪者に利用されることが多いです。

“偽のプレート “など犯罪に近い要素があれば、犯罪に使われる可能性があるので、車両を没収する。」と述べました。

「ナンバープレートの取り外しは、手動切符で車両を没収する措置を取るほど重大な犯罪です。」とラティフ氏は続けます。

警察は以前、年末までの3カ月間で手動発券を一時的に撤廃する計画を立てていました。

これは国家警察長官リストヨ・シギト・プラボウォ将軍の直接の命令です。

この指示は、2022年10月18日付の電報書簡番号: ST/2264/X/HUM.3.4.5./2022 に含まれており、交通警察監察官フィルマン・シャンティアブディ氏が国家警察署長に代わって署名しています。

電報では、白バイ警察の隊員たちに、静止型と移動型の電子チケット(ETLE)による取締りを優先するよう要請していました。

サイト内関連記事:


<簡単解説&コメント>

この偽造というか、正式な登録番号ではないプレート、特に奇数偶数規制がある車では、公務員でさえジャカルタ市内に入る際に、両方の番号を利用しているという話を聞いた事があります。

さらにGojekやGrabなどを利用する際に、アプリ内で登録されている番号と乗車する番号が違う場合もかなりある。この事をドライバー尋ねると、そのバイクは修理中だから問題ないという返事。おそらく家族や友人のバイクを借りて使っているのだろうと思っていた。盗難車を使って、仕事をしているとまでは考えていないが。さて実際のどうなのか?


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。