Wamenkes Bicara ‘Biang Kerok’
Pandemi Tersembunyi,
Kematian 2 Kali di Atas COVID

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
水曜日, 30 Nov 2022 08:03 WIB


微生物による抗生物質耐性(AMR)は、サイレント・パンデミックになる可能性があります。

なぜなら、これによる死亡率が非常に高く、COVID-19の2倍にもなるからです。

保健省副大臣ダンテ・サクソノ・ハルブワノ博士は、死亡の原因は、特定の感染症に効かなくなった抗生物質であると述べた。

これまで、抗生物質耐性による死者は120万人に達しています。

“特定の感染症に効かなくなった抗生物質が原因で120万人の死亡が発生した”

とダンテ保健省副大臣は述べています(インドネシア保健省公式サイトより引用)。

「抗生物質耐性菌」は、無差別的な治療によって発生します。

その結果、患者さんの感染症が悪化し、死亡率が高くなるのです。

この抗生物質耐性は、動物や植物から、もたらされます。この隠れたパンデミックを防ぐために、政府は抗生物質の使用に関するルール作りを推進しています。

また、保健省副大臣は、この問題への対応として、<※>ワンヘルスのアプローチを強調しました。


<※>ワンヘルス:ワンヘルス”One Health”~人と動物の健康と環境の健全性は一つ~

<抜粋>人と動物(家畜、愛玩動物、野生動物の別を問わず全ての動物)の健康と環境の健全性は、生態系の中で相互に密接につながり、強く影響し合う一つのもの「ワンヘルス」(One Health)<福岡県ホームページ>


「ワンヘルス 」アプローチにより、動物や植物からの感染も また、動物や植物に対して抗生物質の不合理な使用が多く、それがヒトにとっても耐性をもたらすことが判明したので、この考え方を実行する事が重要です」とダンテ保健副大臣は述べている。

「この脅威には、どの産業も単独では立ち向かえない。AMRには、さまざまな利害関係者の参加が必要です」と続けた。

米国疾病管理予防センター(CDC)のウェブサイトから引用すると、世界的に、抗生物質耐性菌が原因で127万人が死亡し、2019年には500万人近くが死亡するとされています。

米国では、年間280万人以上の抗生物質耐性菌感染症が発生しています。

これらの感染症は、治療法がないケースもあります。抗生物質や<*2>抗真菌薬が効力を失えば、人間は感染症を治療する能力を失い、公衆衛生の脅威をコントロールすることができなくなる。


<*2>抗真菌薬(ウィキペディア)

抗真菌薬(こうしんきんやく、英語: antifungal drug)とは、真菌の生育を阻害する医薬品である。真菌症の治療や、農薬として用いられる。真菌の細胞膜の構成成分の1つ …


<簡単解説&コメント>

記事を読まれている方々も、この抗生物質耐性菌なるものが有る事をご存じであったと思います。

だからクリニックや病院へ行った時に、抗生物質を処方された時に、看護師さんに薬は飲み切ってくださいなどと注意を受けた事があると思います。

効果がないかどうか?確認しなければならない事も含め、このような事を言われたのでしょう。

いわゆる「鬼ごっこ」のようにどの抗生物質が効くのか?日々変わってきているという事も言えるのでしょう。

基本、抗生物質は細菌を殺す物でしょうから、体力を戻して行くという「薬」の使い方とは違うので、ある意味医療の限界を示している事にも繋がってきます。人類と微生物と抗生物質の戦いが続きます!


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。