Apindo:
Kenaikan UMP Berdampak Buruk
bagi Kelangsungan Usaha

オンラインメディア「Beritastu」が伝えています!
水曜日, 30 November 2022 | 06:18 WIB


では、2023年の全国最低賃金の引き上げは、解雇数を増やす可能性があるのでしょうか?

インドネシア経営者協会(Apindo)の労働部門責任者であるアントン・スッピト 氏は、UMP( 最低賃金)の引き上げの問題は、雇用創出法の賃金に関する2021年の政府規則(PP)番号36を参照すべきであると述べている。

これは、悪条件でも会社の経済状況を考慮した規制をだったからです。

「解雇をする前に、考慮されているのは、雇用創出法の計算式で、景気の良し悪しは考慮されています。

インフレやその他の条件は、法律でカバーされています」と、アントン氏は火曜日(2022年11月29日)にB-Universe(メディア)のジャーナリストたちに語った。

“だから、この方式は永遠に使い続けられる。

景気の良いときだけでなく、悪いときでもこの数式は答えを出してくれると言って良いでしょう」と述べた。

アントン氏は、「現在の経済状況は、確かに厳しい状況にあります。その例として、靴や衣料品、繊維製品など輸出商品である労働集約型産業の製品が、30%から50%の範囲で受注が減少していることを挙げました。

「実は、数カ月前から見ると、靴や衣料品など輸出型の労働集約型産業は、海外からの受注が大幅に減っているため、不満を漏らしています。しかも、その減り方も半端ではなく、靴は50%減、衣料品は平均30%減です。」とアントン氏は言います。

この意味は、雇用主が仕事をせずに従業員を働かせ続けることができなくなり、解雇の可能性を誘発するのだとアントン氏は言った。

UMPのかなりの高い引き上げと相まって、インドネシア経営者協会(Apindo)は、特に労働集約型産業において雇用の継続に悪い影響を与えると見ています。

「そのため、もし良い手段がなければ、これは深刻な問題になり、さらにこの状態では、より多くのお金を支払わなければなりません。

さて、皆さんご自身で計算してみてください。すでに困っている人がいるのに、さらに負担しなければならないコストが大きくなります。」とアントン氏は言う。


<簡単解説&コメント>

さてここで、一番気になるのは、経営者は自分たちの会社を守る事が一番、でも従業員は自分たちの生活を守るのが一番。

これが対立する一番の立場の違い!そこで都合の悪いことを双方は言わないので、折り合いをつけるために、第三者機関が乗り出しこの数字を決める!そこに不公平だという不満が出てくる!

だから労働集約型の仕事は、このような問題が起きにくい、発展途上国に移っていったが、今はインドネシアも、そろそろこの達がから抜け出そうとしている。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。