Asik! Beli Motor Listrik Bakal Dapat Subsidi

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Kamis, 01 Des 2022 06:05 WIB


ルフット海事・投資担当調整大臣は、政府は電動バイクの購入に約600万ルピアから650万ルピアを補助する予定であると述べた。

これは、電気自動車の普及を促進するために行われるものです。

「近々補助金を出す発表を予定です。例えば、バイクにいくら補助金を出すか、600万ルピアくらいにするか、最終的に決めているところです。」

タイでは、補助金は700万ルピアぐらかもしれないが、我が国では650万ルピア程度かもしれない。」と、公式プルマタ銀行YouTubチャンネルでルフット氏は、プルマタ銀行が開催した「Welcoming Stronger Investment Post-Pandemic」イベントで、水曜日(2022年11月30日)に述べた。

また、ルフット氏は、バイクだけでなく、電気自動車の購入にも補助金を出す予定であることを明らかにした。

「ガソリンを使わなくなるから、自動車にも補助金を出す。自動車だけでなく、(化石燃料を使う)バイクよりも電動バイクを使った方が、やはり得になるでしょう」と続けた。

さらに、ルフット氏は、政府が、国内バイクをエンジンを電気バイクに変えて行く準備を進めていることも明らかにした。

ルフット氏は、電気自動車を使えば、バイクの煙がなくなるので、空気の質がよくなる、と言った。

自動車やバイクの輸送による煙がなくなるからです。

以前、政府は電気自動車の使用を増やすための特別な優遇措置を準備していました。

用意された優遇措置のひとつが、割引補助金である。

また、割引補助金だけでなく、価格を安くするための工夫もされています。

電気自動車への転換に向かうために、安価にするために、政府は補助金という形で優遇策を準備している。


<簡単解説&コメント>

車やバイクを買うと、今なら安くなります!という事になりそうだ。購入側にも、製造側にも、両方にお金を出して行く。

以前中国のあるメーカーが、ヤマハやホンダなどよりも安価でバイクを販売した。しかし淘汰され消えていった。それは、頻度の高い故障や純正部品の少なさ、サポートの悪さなどであった。

バイクで言えば、国内では、電化製品販売会社までもが、電気自動車の販売を決めている。

車やバイクは、燃料で動くが、それを動かす車輪やショックアブソーバー、などなどその他の技術がしっかりしていないと、やはりいずれ消えて行く運命でしょう。1番怖いのは、感電による問題だ!

さてどうなるか?数年を見てみれば、自ずと結果が出てくるでしょう!


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。