Jelang Nataru, Tingkat Vaksinasi Booster
DKI Baru sekitar 50%

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
水曜日, 30 November 2022 | 23:10 WIB


2022年のクリスマスと新年の連休を前に、インドネシア保健省のコミュニケーション・公共サービス局長のシティ・ナディア・タルミジ氏は、ジャカルタのブースター接種率が約50%に達しているでしょうと表明しました。

ジャカルタは50%に達したが、西ジャワ、中ジャワ、そして北スマトラ、マカッサルはまだ30〜35%程度である」。

これは、さらに求めなければならない数字です」と、水曜日(2022年11月30日)、セントラルジャカルタのアストン・クマヨラン・ホテルで行われた2022年世界糖尿病デーイベントの後に述べました。

彼女によると、ジャカルタでのブースター接種率はインドネシアのいくつかの地域よりも高い傾向にあるものの、地域接種目標である70%にはまだ達していないとのことです。

ナディア氏は、ブースター接種が18歳以上からできることを思い出した。

「重要なのは、1億8000万人が保護されれば、地域免疫(※集団免疫)を得られるということです」と述べた。


※集団免疫:人口の一定割合以上の人が免疫を持つと、感染患者が出ても、他の人に感染しにくくなることで、感染症が流行しなくなる状態のことです。(厚生労働省)


顔女によると、12月下旬から1月上旬にかけて、保健省はインドネシア社会にどれだけ抗体が存在するかについて、再度調査を行う予定だという。

国レベルでの1日のCovid-19患者数について、保健省は1日あたり6,000〜7,000人であると発表した。

そして、ジャカルタ州レベルのCovid-19の症例そのものについては、保健省は1日あたり約2,000件の症例があると発表している。この数値はまだ比較的高い水準にあると述べた。


<簡単解説&コメント>

驚いた!

いまだに集団免疫の話を真面目にしている!

新型コロナが始まってもうどのくらい経つのか?わかっていて話しているのだどうか? たとえば、亜種それぞれについて、別々の集団免疫を持たないいけないといでも言うのであろうか?

少なくてもこの新型コロナで、本当に集団免疫という考え方が有効なのか?

そうではないという意見も多々出ている事も含めて、ワクチンをいつまで接種し続けるのが良いのか?それなりの答えを持っていないと、最悪自分は良いとしても、子供や親が打つべきなのか?真剣に考えましょう!

一部の例をお示しします!


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。