Jokowi: Semua Kepala Negara Pusing,
Indonesia Tidak

オンラインメディア「Beritastu」が伝えています!
Jumat, 2 Desember 2022 | 09:56 WIB


ジョコ・ウィドド大統領 は、2024 年の選挙は不確実で、予測が困難で、世界経済の状況を予想する事もできない状況であると述べました。

ジョコウィ氏によると、ほとんどすべての国家元首は、この世界的な経済状況に頭を悩ませています。インドネシアの国家元首であるジョコウィ自身は、そうではないと認めました。

「これは、世界の現状が困難であるという、同じ感覚を私たちが持たなければならないことです.

すべての国家元首は頭痛の種です。でもインドネシアはそうではない。

ジョコウィ氏は、金曜日(2022 年 12 月 2 日)に大統領事務局の Youtube チャンネルで放送された、ジャカルタのアンチョールのコンベンション ホール ビーチ シティ エンターテイメント センター(BCEC)で行われた 2024 年の選挙に備えて、全国統合選挙管理委員会 の演説を行いながら、次のように述べました。 .

ジョコウィ氏は、現在、国際通貨基金(IMF)の世話になっている国は、14カ国あると述べた。

実際、他に 20 か国が IMF の世話になるために並んでいます。実際、1997 年から 1998 年にかけての経済危機の間、IMF の世話になったのは 5 カ国だけでした。

「過去に97-98年は、 5 か国の経済が動揺していました。現在これら14 か国がそのようになっている。20 か国が、また再び IMF のドアに並んで助けを求めていて、66 か国が再び列に加わる可能性がある」と語った。

ジョコウィ氏は、一般国民が同じ気持ちを持つことを望んでいます。.現在、世界の経済状況は正常ではなく、異常です。この状況は、ウクライナでの戦争と地政学的な緊張が続いている 新型コロナの パンデミックから始まりました。

「新たな問題が発生しています。すべての国で食糧危機、エネルギー危機、金融危機、生活費の危機が起こり、まさにその多くは先進国です。

これは、世界中の現状が困難であるという、同じ感覚を持たなければならないということです」と彼は説明した.

ジョコウィ氏は、不確実な世界経済状況の中で、インドネシア経済が前向きな結果を示していることに感謝しています。

5.72% に達した経済成長率は、G-20 諸国の中でトップです。

しかし、ジョコウィ氏は、すべての人に注意と警戒を怠らないように注意を促しました.

「我々が困難に陥らないように、わずかな政策ミスも犯してはならない。これは我々が守らなければならないものだ」と彼は言った。

このため、ジョコウィ氏は 選挙管理員会 に向けて、効率的に作業を行い、予算を慎重に使用するよう求めました。

「再び2024年の選挙は、私たちが経済を回復し続けるために、懸命に取り組んでいる中、暗闇、困難、不確実性に満ちた、世界的にも不安定な経済状況の中で行われます。

したがって、私は選挙管理員会に効率的に仕事をするよう任せています。優先順位を決めて、予算を慎重かつ効率的に使用するようにしましょう。」と語った。

さらに、彼は、政治的安定が適切に維持されなければならないと述べた。

このため、ジョコウィ氏は 選挙管理員会 に対し、2024 年の選挙参加者に対し、平和的な選挙、公正な選挙、誠実な選挙を実施し、誹謗中傷の拡散、ヘイトスピーチの拡散、お金に物を言わせるような政治など、民主主義を損なう不名誉な行為を止めるよう、呼びかけるよう求めました。

「民主主義にとって、健全で質の高いキャンペーンを推進しなければなりません。

ITを最適化し、意見を対立させる政治ではなく、アイデアを争う政治を優先する」と語った。


<簡単解説&コメント>

今の世界的に不安定な世の中を、国民に何とか伝え、共有させたい気持ちの表れです。そんな中で国民を安心させて導いて行くリーダーの姿?です。

さらに2024年の選挙については、自分が出馬したいのか?でもできない?など一般国民が知りたい事もはっきり言って欲しかった。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。