Pertama di Dunia, Honda Mulai Produksi
Massal WR-V di Indonesia

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Jumat, 02 Des 2022 14:15 WIB


ホンダの新型SUV「WR-V」の量産が12月1日(木)、西ジャワ州カラワン市のホンダ・プロスペクト・モーター(HPM)工場で開始された。

これは、収集された数千の注文を満たすために、ディーラーへの納品が実行されたことを示しています。

ホンダ 新型「WR-V」 RS スポーティーな<※1>SUVモデル インドネシア 2022年11月2日発表!


日本サイト:最新自動車情報

<※1>SUV:Sport Utility Vehicle(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の略称で、日本語に訳すと「スポーツ用途の多目的車」となります。 大きなタイヤでボディの最低地上高が持ち上がっているのが特徴です。 座面が高いため見晴らしが良く、荒れた路面でもラクに走行可能です。(おとなの自動車保険ホームページ)


HPM 社長の清水光太郎社長は、インドネシアは世界で最初に WR-V を発売し、生産した国であると語った。

WR-Vは、ホンダが2017年から南米やインドで実際に生産している小型SUVだ。この第 1 世代は、ジャズの第 3 世代のプラットフォームから設計されました。

一方、インドネシアで生産されるWR-Vは、2代目BR-Vプラットフォームをベースとした2代目。

「この生産の開始により、このモデルを熱望している消費者の要求にできるだけ早く応える準備ができています」と清水氏は公式声明で述べています。

HPM によると、11 月 2 日にインドネシアで発売されて以来、WR-V は 1,500 台を注文さらました。このモデルは、HPM が今年 SUV セグメントに注力するという自信の証でもあります。

WR-V は、BR-V、HR-V、CR-V などの他の SUV シリーズの下に配置される最小で最も安価なモデルです。

WR-V は、ブリオ、BR-V、HR-V、シティハッチバック RS、CR-V、モビリオなどカラワン工場の追加現地生産モデルでもあります。

ホンダ・カラワン工場は2019年4月、Brioブリオで久しぶりに自動車の輸出を再開した。 2022年3月以来、これまでに22,680台のBrioが輸出され、2,941台のBR-Vが出荷されました。

HPM のビジネス イノベーションおよびセールス & マーケティング ディレクターである Yusak Billy は、WR-V の発売時に、この車も輸出される予定であるが、2023 年に完成すると述べた。

WR-Vの発表会で、HPMのビジネス・イノベーション&セールス&マーケティング・ディレクターのユサク・ビリー氏は、この車は輸出もされるが、2023年には、皆様の手元に届けられるでしょうと述べた。

<簡単解説&コメント>

このお話は、日本でも売られていないホンダの車が、正式にインドネシアのホンダが製造して、販売を開始したというお話。この反対の日本で売られている、ホンダの軽自動車がを輸入業者が独自で日本から輸入すると言うお話を、以前ご紹介した事がありました。電動自動車がインドネシア政府を上げて、補助金を使い販売される中、化石燃料を必要とする車の未来は、どのようになっていくのだろう?

ハイブリッド車もある中で、この化石燃料?電気使用?の結果がこの2〜3年で何かしらの決着が付くのであろうか?


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。