Industri Jepang Butuh Tenaga Kerja,
Rachmat Gobel: Pendidikan Indonesia
Harus Mampu Menyiapkan

オンラインメディア「Tribunnews.com」が伝えています!
Minggu, 4 Desember 2022 02:38 WIB


日本が行っている現在の投資は、インドネシアからの人材にチャンスを与えていると語っています。

彼は、日本が質の高い能力を持った労働者を必要としていることを明らかにしました。

「そのため、インドネシアの学校や大学では、日本の産業における技術や科学、考え方を理解できる人材を育成することが重要です」と、ゴーベル氏は日曜日(2022年12月4日)の声明で述べています。

この下院副議長は、インドネシアと日本の投資を見る上で、教育分野の改善は大きな要因になるはずだと述べた。

インドネシアの教育関係者は、日本に存在する労働力ニーズに、対応できるようにならなければなりません。

“現在の日本には労働力が必要だからです。

また、日本のインドネシアへの投資を見てもわかる。

この投資で、我々の人材がどれだけ準備されているかが分かるのでしょう。」とゴーベル氏は言った。

一方、ダルマ・プルサダ(Darma Persada)大学のトゥリ・マルジョコ学長は、インドネシアの人材育成の準備に応えていると述べた。

UNSADA(ダルマ・プルサダ大学)が行っていることの1つに、学生に日本の勤労倫理に関する知識を身に付けさせることです。

学校が学生に用意する事は最初のことは、日本社会の規律をどのように紹介するかです。

2つ目は、日本語に関する教育です。

3つ目は、日本企業の職場の雰囲気についての体験談やエピソードも紹介することです。

さらに、国内外の日系企業での6か月間のインターンシッププログラムも提供しています」と語りました。

以前、2007年から2008年の間に総理大臣であった、福田元総理がDarma Persada University (UNSADA)を訪問されています。

福田氏は、今回、日本とUNSADAの協力関係のその後を見に来たのです。

今回の彼の訪問で、福田氏はダルマ・プルサダ大学、トゥリ・マルジョコ学長、ギナンジャール・カルタサスミタ氏、ラクマット・ゴーベル(メラティ桜財団の会長の評議会の議長)だけでなく、インドネシア共和国の現日本大使・金杉憲治氏を伴っていました。

外部参考記事:

  • 日本経済新聞

福田康夫元首相、インドネシア首都移転に「協力」

  • 福田元首相が会長を務める「一般社団法人・在日インドネシア経営協会」

ホームページ


<簡単解説&コメント>

ときどき(2年に1度程度)、元首相「福田」氏がインドネシアを訪れます。もちろんそのはっきりとした、公式の理由は、発表されていません。話された内容が発表されただけです。

日本のために、インドネシアの方々が、労働力として、現在とても注目されているのは、普段の仕事で、肌で感じてわかっております私どもです。いわゆるインドネシアの方々の国民性が、日本の産業界にとって助けになるであろう事も、日本からのさまざまな関係者(登録支援機構・組合)様からお話を伺っております。


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。