WHO Sebut 90 Persen Populasi Dunia
Sudah Kebal COVID,
Akhir Pandemi di Depan Mata?

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Senin, 05 Des 2022 07:32 WIB


世界保健機関 (WHO) は、現在、世界人口の 90% がコロナウイルスに対する免疫を持っていると述べています。

 しかし、最近の中国でのCOVID-19症例の増加を見て、WHOは、COVID-19を克服するための戦略にその違いがある限り、新型コロナウイルスのより危険性の高い変種の出現が、起こり続ける可能性があることを強調しました.

数か月前、WHO事務局長のテドロス氏が、世界は COVID-19 パンデミックの終わりに向かって、時を刻む時代に入ったと述べたことを思い出します。

テドロス氏は、「パンデミックの緊急事態は終わりに近づいてはいるが、まだそこにはいない」と、ロイター通信が伝えた。月曜日(2022年12月5日)。

WHOは、現在、世界人口の約90%が、過去の感染やワクチン接種により、SARS-COV-2(ウィルス名)に対して一定レベルの免疫力を有していると推定しています。

しかし、COVID-19の接種率が不均一であることは、既存のコロナ亜種よりも危険なコロナ亜種を出現させるチャンスを作っている可能性があります。

「検査とワクチン接種のそのギャップが続けば、新型コロナの出現に絶好の条件をもたらし続け、重大な死者を出す可能性があります」と、テドロス氏はさらに説明します。

<皆がCOVID-19から安全になれたわけではない>

それとともに、WHOは、最近になって、COVID-19が中国で過去最高値を記録し、数ヶ月間減少していた英国の一部で上昇し始めたことも強調しました。

「新型コロナやインフルエンザは多くの人にとって軽い感染症ですが、この新型コロナは私たちのコミュニティの中で最も弱い立場にある人々に、重い病気や死さえ、もたらすことを忘れてはなりません」

と、英国保健安全局の公衆衛生プログラム・ディレクターのマリー・ラムセイ氏は述べています。

WHOは、COVID-19の予防接種に関して、世界各国の政府に対して、リスクのある人への接種に注力するよう求めています。60歳以上の方、合併症のある方などです。

<簡単解説&コメント>

彼の発言は、2020年頃は、明らかに中国寄りの物であったが、最近はなるべく誤解のないような発言しているようであるが、危険を煽るような言葉は相変わらず。

基本的にどのような立場で彼は発言するのであろうか?

ウィルス専門家の立場?

病気の流行を考えた「世界の指導的立場」?

政治家?

彼の発言で世界は動くことを知っているはずだから、慎重に発言してほしい!


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。