Cegah PHK,
Apindo Minta Pemerintah
Batalkan Permenaker

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
火曜日, 6 Desember 2022 | 05:28 WIB


雇用主は、2023年の全国最低賃金の決定に関する2022年の労働省規則第18号を取り消すよう政府に要請しています。この規制により、来年の解雇<※>レイオフ・リスクが高まると考えられています。


<※>レイオフ: ピポラボより

企業が従業員を解雇することを示す言葉には、リストラのほかに「レイオフ」もあります。レイオフとは、アメリカなど海外で行われている一時的な整理解雇のことです。


「最も重要なことは、レイオフのリスクを減らすために、2022年の労働省規則第18号をキャンセルすることだ、これは確かだ。」

と、インドネシア経営者協会(Apindo)のハリヤディ・スカムダニ会長は、月曜日(2022年12月5日)のIndefのセミナーで述べました。

2023年の全国最低賃金決定式は、賃金に関する2021年の政府規則(PP)第36号を再利用するよう要請した。

彼によると、ビジネス界は、世界的なインフレの急上昇、流動性の引き締めと金利の上昇、世界的な債務危機の可能性からスタグフレーションの可能性に至るまで、さまざまな経済的課題に直面しています。

ゼロコロナ政策による中国経済の弱体化の混乱が、中国国内経済に影響を及ぼすと予測されます。

中国は世界経済に最も貢献している国であり、インドネシアの主要貿易相手国であることを考えると、国内需要も減少するでしょう。

この状態は、インドネシアの対中輸出、特に一次産品に確実に影響を与えるでしょう。

“中国のロックダウンは今日に至るまで続いている。中国の非常に厳しい政策状況の中で、私たち全員に影響を与え、世界にも影響を与えるというのは少し悲しいことです。」とハリヤディ氏は言う。

ちなみに、中国の経済成長率は2022年第2四半期に0.4%(前年同期比)と、新型コロナの大流行時の2020年第1四半期の中国経済収縮以来の、低成長に減速していると記録されています。

さらに、ハリヤディ氏は、「新型コロナが2年間流行したとき、起業家は大規模な効率化を行った」と述べた。

これは、自分たちの事業活動を維持できるようにするためだが、賃金計算式(労働省規則第18号2022)を決定したことで、ハリヤディ氏も「他に効率的な方法がわからない」と認めました。

「2020-2021年のパンデミックの間、企業は極めて効率的に行動してきました。

だから、今、他の効率化について聞かれたら、他に何ができるのか?私たちは最大限の努力をしたように思えるのです。と述べています。

<簡単解説&コメント>

このレイオフという言葉は、一時的解雇という意味ですが、従業員に取ってみれば、また雇用してもらえる、それまで何らかの補償をしてくれる訳ではありません。

普通に首を切られると同じで、退職金でさえ、通常の退職金よりも低いはず。これは経済政策の失敗で起きてしまう、尻尾を切る様に、またいつか生えてくる、その時また雇えばなんとかなる。という企業の論理でこの解雇が行われる。

もちろん今回は、「C国のコロナ騒ぎ」と「ロシアーウクライナ戦争」が原因なので、インドネシア一国だけではどうにもならないのは当然です。

鬱憤が溜まる一方ですね!


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。