Luhut Vs OTT KPK, Sederet Pernyataan
Luhut Pandjaitan Tak Suka OTT dan Alasannya

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Sabtu, 21 Januari 2023 07:22 WIB


「ルフット大臣」対「汚職撲滅委員会(KPK)の現行犯逮捕(OTT)」についてルフット氏 による一連の声明、汚職撲滅委員会の現行犯逮捕を嫌う理由

海事担当調整大臣のルフット氏 は、またしても、KPKのOTTをからかった。 最近、KPK によるOTT 方式で犯罪を開示する方法に反対すると要求しました。

2023年1月17日火曜日、ルフット氏は「品格のある国になるために、OTTと戦わなければなりません。

しかしKPK 報道部長のアリ・フィ​​クトゥリ氏は黙っていませんでした。

彼の機関が実施した汚職事件を開示する最も効率的な方法は、ルフット氏によって過小評価されています。 アリ氏によると、OTT と戦うよりも、腐敗を犯さないことで OTT を回避する方がよいということです。

2023年1月18日(水曜日)、ジャカルタでアリ氏は次のように述べています。

ルフット氏は OTT に満足していません。容疑者をその場で逮捕するというKPKのやり方の悪い面について何度もコメントしています。

以下は、OTT KPKをいじる事が好きなルフット氏海事投資調整大臣の概要です。

<「ルフット大臣」対「汚職撲滅委員会(KPK)の現行犯逮捕(OTT)」>



  1. ルフット大臣は、現行犯逮捕は抑止力にならない。

大臣はかつて、「KPKのOTTは抑止力にならない」と言ったことがあります。2021年4月13日にこのように語っています。というのも、インドネシアでは汚職防止機関が積極的に活動しているものの、汚職の発生率はまだまだ高いからです。

「率直に言ってすみません。 OTT の成果が上がっても人々はあきらめさせません。」と大臣は言います。

ルフット大臣は、「汚職の数を減らすための最も適切な努力は予防です」と述べた。彼は、KPKの指導者と定期的に連絡を取り合い、さまざまな国家プロジェクトにおける不正の機会を予期していることを認めました。

  1. ルフット大臣はOTTを本当に悪いと言う

昨年末、ルフット氏は汚職撲滅運動家たちをあおってみせた。彼の発言は賛否両論あると思われる。マーベス調整相は、KPKのOTTはインドネシアに悪いイメージを与えると述べた。彼は、OTTは汚職と戦うための良い取り組みではない、と述べた。

OTTは、実はこの国にとって良くないことなんです。本当にまずいです。しかし、もし我々がデジタル化を進めれば、誰が我々と戦いたがるのでしょうか?」と、2022年12月20日(火)、ジャカルタでルフット氏は語った。

ルフット氏は、ジャカルタで開催された「Corruption Prevention Action Launch 2023-2024」において、このように伝えました。

ルフット氏は、予算の透明性を促進するための、デジタル化と電子カタログについて話をしました。同氏によれば、デジタル化によって汚職の抜け道がより閉ざされることになると言います。

(中略)

  1. ルフット大臣はOTTは必要ない

先週、ルフット氏もKPKのOTTについてコメントしています。

特に、デジタルのエコシステムがうまくいっている時は、OTTは不要と考えています。例えば、電子カタログによる1,200兆ルピアの国家予算の調達におけるデジタル化です。

“今年は95%のデジタル化。このエコシステムが良ければ、将来的にOTTは不要になると言ったのです。なぜなら、人々はもう盗めないからです。」と、2023年1月10日(火)、ルフット氏は言いました。

ルフット氏は、YouTubeの番組(Huria Kristen Batak Protestant Channel)で配信された新年感謝祭で、このように伝えました。

電子カタログの利用は、政府の支出にプラスの影響を与えていると評価しました。

彼は、地域予算(APBD)の不正使用容疑で、地域首長の逮捕者がでていない事から、それを測っています。

「この半年間を見てみてみましょう。地域予算のために逮捕された地域のトップはいますか?いません。私たちはそれに気づいていないのです。

  1. ルフット大臣は、OTTと戦うために地域のトップを招待

最近、ルフット氏は再びKPK OTTについてコメントしました。

彼は、KPKによるOTTと戦うために、地域長を招待しました。

ルフット氏は、ボゴールのセントゥール国際コンベンションセンターで開催された2023年の地域首長とFOROPIMDA(地域リーダーシップ調整フォーラム)の全国調整会議において、この招待状を伝えました。

2023年1月17日(火)、ルフット氏は、「品格のある国になるために、OTTと戦わなければならない」と述べました。

彼によると、取るべき手段は、効率的な国になるように、社内システムや地域社会へのサービスを電子化することだという。それから、監督を強化することです。

「我が国が、汚職を引き起こすような、良好な社会システムを持たない国であると非難されることを、インドネシア自身は望んでいないと思います」と彼は言いました。


<簡単解説&コメント>

仕事上彼は、さまざまな国の要人と会っているのでしょう。そこで汚職の話も含めて、恥ずかしいと感じているのでしょうね。

だから国のために、どのようなプロセスで、どのように汚職を減らし、無くしているのか?などのプロセス全体は考えておらず、自分が恥ずかし事は、イコール国が恥ずかしい事だから、早急に何か手を打ちたいのでしょう。そのように見えます。

でもこのように、汚職があるのは、それなりの背景、理由があるのであって、そこも含めて同時に対処しないと、片手落ちになり、目的を達成できません。実情の汚名返上には、繋がりません。実現できません。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。