Mulai Besok, Masyarakat Umum Bisa Vaksinasi
“Booster” Kedua Covid-19

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
23/01/2023, 06:05 WIB


ジャカルタ保健局は、明日の2023年1月24日から、一般市民が「Covid-19」の4回目の接種、別名セカンドブースターを受けられると発表しました。

この発表は、ジャカルタ保健局が公式Instagramアカウント@dinkesdkiを通じて、日曜日(2023/1/22)に行われました。

ジャカルタ保健局によると、2回目のブースターワクチンを接種できるのは、18歳以上の方です。

「2回目のブースター接種は、1回目のブースター接種を行った方であれば、チケットを待つことなく受けることができます。」



「アプリケーション「PCare」と「PeduliLindungi」のシステムの準備を待つ間、記録は手作業で行われています」とジャカルタ保健局は続けました。

2回目のブースターワクチンは、地域で1回目のブースターワクチンを受けてから少なくとも6ヶ月後に接種します。

2回目のブースターワクチンは、保健所やCovid-19ワクチン接種所で入手できます。

「使用するワクチンは、BPOM(国家医薬品食品監督庁)から緊急時使用承認を受けているもので、利用可能なワクチンに注意を払っています。」とジャカルタ保健局は述べました。


<簡単解説&コメント>

インドネシアのジャカルタでも、2回目のブースターが無料で受けることができる事になりました。この情報は、誰にとって有用な情報でしょうか?何のための2回目のブースターでしょうか?
こんなに変異している「オミクロン」のためでしょうか?

最近ワクチンメーカーからこの最新のXBB1.5に効果があるか?ないか?の情報もないし、重症化しない変異種のために、無料ですがリスクがある、注射を受けるでしょうか?

またインドネシア人の方々は受けている従来のワクチン は、「不活性化ウィルス」の中国製です。
このすでに古いものなっているワクチンを打たせるのでしょうか?

また、副作用で被害を受けている方々の情報も表(メインオンラインメディア)に出てきません。接種率も比較的高いこの国でも、情報統制は行われているでしょう。気を付けないとなりません。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。