Ratusan Turis China Terbang Perdana
dari Shenzhen Disambut di Bali

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Senin, 23 Jan 2023 04:57 WIB


1月22日(日)、バリ島のイ・グスティ・ングラライ国際空港で、中国からのチャーターエアーの少なくても210人の乗客が迎えられました。

中国・深圳から出発した210名の観光客は、バリ島空港の国際線ターミナルに到着すると、すぐに花輪、伝統的なバリ舞踊、獅子舞で歓迎されました。

このチャーター便は、習近平政権が1月8日に新型コロナ検疫を中止した後で、国民に海外渡航を再び許可して、バリ島への最初のフライトとなった。

「これが正式な第一便です。これは、バリ島に中国人観光客を呼び戻すための良い機運です。」

とアンタラから引用されたようにングラライ空港で、観光クリエイティブエコノミー省マーケティング、副担当官ニマデ・アユ・マルティニ氏は言いました。



ニマデ・アユ・マルティニ氏は、最初のフライトが到着した後、中国から神々の島への観光客がもっと増えるように望んでいると語りました。

「政府が設定した目標は255,300人の中国人観光客です。

それが目標ですが、2019年のようになる可能性があっても、目標を超えることを望み、努力しています。」と語った。

また、中国政府は2月6日から、インドネシアを含む世界の多くの国への観光客グループを解放するとの情報を得たといいます。

「インドネシアは、渡航の一つのターゲットです」ということも明言しています。

また、これまで許可を得ていたフライトも、同様にすべて開くことができます。

旧正月が過ぎれば、バリ島に直行する飛行機が増えると思います」とニマデ・アユ・マルティニ氏は言います。

バリ知事のワヤン・コスター氏は、中国からの観光客が戻ってくることで、神々の島の観光の伸びを復活させることが期待できると明かしました。

「年間630万人の観光客が訪れる。」という正常な状況にまで観光客が戻ってくることを期待しています。

少なくとも今年は450万人にしたい」と、コスター氏は中国人観光客を迎えるにあたって語りました。

一方、在デンパサール中国総領事シュ氏(Zhu Xinglong)は、2019年、つまり世界的なCovid-19の大流行以前には、バンブーカーテンの国(中国)からバリに旅行する国民が約130万人いたと説明しました。

この第一便に続き、近い将来、中国からバリ島への直行便が何便も就航する予定ですと言います。

「また、北京や上海など中国の各都市にバリへの直行便の増便を働きかけていきます。

そして、2月には中国からバリ島への航空機が増便されます」と、シュ領事は言いました。


<簡単解説&コメント>

少し不愉快な言い方になるかもしれませんが、中国政府は自国民でさえも、本国繁栄のために、利用する国ですから、ある軍事専門家は、最初の「武漢」からの世界各国へ出て行った一般中国市民は、そのためにも利用されていた。と分析しています。

また中国から訪れるこの観光客達は、ある意味、政府により戦略的に使われているわけなので、インドネシア国は、インドネシア側に向けて「入国させたければ、その代わり***をしろ!」という取引にも使われる事をわかっていないとなりません。

国家間の戦略的な取引材料にもなり得る事をわかっていないと、間違った政策を実行してしまう事になってしまいます。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。