Laris Manis di Indonesia,
Jumlah Produksi Wuling Air ev Ditambah?

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Selasa, 24 Jan 2023 07:17 WIB


中国Wuling(ウーリング)社製「Air ev・エアエヴ」は2022年を通じてインドネシアで最も売れている電気自動車です。

この小型車は、2位のヒュンダイ「IONIQ 5」の5倍にあたる8,000台を販売しています。

では、生産能力はどうでしょうか。

「Wuling Motors Indonesia」(中国ウーリング・モーター・インドネシア)のマーケティングディレクターであるディアン・アスマハ二氏は、「Air ev・エアエヴ」がインドネシアでこれほど売れるとは思ってもみなかったと言いました。

しかし、彼女は、「武陵(ウーハン)」が消費者の高い要求を満たすために、「全力を尽くす」ことを保証しました。

「供給面では、2022年の「Air ev・エアエヴ」の販売台数が8千台となり、想定を上回りました。

そして、年内の途中で国民の需要に応じて生産能力を調整した」と、ディアン氏は北ジャカルタで会ったときに言いました。



そして、「今後どうなるかわからないが、消費者の要望をより一層満たすように努力したい」と付け加えました。

生産能力増強の可能性について尋ねると、ディアン氏はそれ以上、詳しく説明することができませんでした。

インドネシアの消費者需要については、まだ勉強中であることを認めました。

生産能力を増やすかどうかはまだ分からない。実際の需要がどうなるかを見ています。いろいろな可能性がある」と語りました。

しかし、2023年中に需要が旺盛になれば、生産能力を増強する可能性もなくはありません。

Wuling(ウーリング)社では、「エアエヴ」を年間1万台生産することを目標としていることは知られています。

“昨年を振り返ると、実はコンディションは非常にダイナミックでした。

そして、そのダイナミックな状況に対応するために、私たちの戦略も迅速に対応しています」とディアン氏は言います。

2022年、インドネシアで最も売れている電気自動車を紹介します。

1. Wuling Air ev – 8.053 unit

2. Hyundai Ioniq 5 – 1.829 unit

3. Lexus UX300e – 127 unit

4. Nissan Leaf – 63 unit

5. Hyundai Ioniq EV – 45 unit

6. MINI Cooper EV – 32 unit

7. Hyundai Kona EV – 20 unit

8. DFSK Gelora EV – 11 unit

9. Toyota bZ4X – 1 unit.


<簡単解説&コメント>

ご覧のように、ガソリン車の売り上げ台数と比べれば、当然ですがまだまだ、桁違いです。インドネシア国としても、この台数をあげたくて、生産者と購買者の両方に補助金を出して、奨励しています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。