37.000 Vaksin Covid-19 di Bali
Kedaluawarsa Februari 2023,
Dinkes Ajak Warga Segera Divaksinasi

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
13/01/2023, 17:29 WIB


バリ島にある合計37,000人分のCovid-19ワクチンは、2023年2月に有効期限を迎えます。

このため、1回目、2回目、ブースターとも接種していない居住者は、直ちに接種の申し込みをしてください。

「ワクチンは無料のままです。37,000回分のワクチンの在庫があり、ほとんどがファイザータイプです。これの有効期限が切れます。デンパサール、金曜日(2023年1月13日)

バリ保健所のデータを参照すると、2023年2月に37,002本のファイザー社製コロナワクチンの在庫期限が失効します。

詳細については、2月2日に570回、2月28日に36,432回分です。

彼は、現在もバリ島の人々に新型コロナの予防接種を呼びかけ続けていることを説明しました。

「ブースターワクチンも実行する必要があります。これからさらに、中国が再び爆発的に感染者が増えるかどうかはわかりません。皆さんに知らしめています。準備は整っています。もし通常のウイルスに感染する可能性があっても、バリ島の免疫は非常に高いです。」

と言ったそうです。ファイザー社のCovid-19ワクチン37,000本とは別に、インドバック社のワクチン1,170本も2023年1月14日に、「Zifivax」ワクチン1,087本は2023年8月20日に有効期限を迎えます。



一方、バリ保健所のデータによると、1回目の接種の達成率は105.18%、2回目の接種では97.7%、ブースターワクチンでは71.64%に達しています。

幼児への新型コロナワクチン投与計画については、「確実なものはない」と認めた。

配慮すべき点は、幼児に適したワクチンの種類の選択と適切な投与量です。

現在バリ島の保健所にあるワクチンの在庫は、幼児に提供する予定の物とは違います。

「私たちは幼児用のワクチン在庫を準備していませんが、ワクチンがシノバックであるのか、何が許可されているのかもはわかりません。

現在、ワクチンは6歳から18歳の子供向けで、ワクチン1と2、ブースターワクチンは18歳以上、ブースター2は、依然として医療従事者と高齢者向けです」


<簡単解説&コメント>

実は、この記事1月13日付けです。旧正月前の段階で、バリ州民に呼びかけています。1月24日(火曜日)でが、ジャカルタ首都では4回目のブースターができますというアナウンスが始まっています。

またこの時点では、中国で爆発的な感染が起きているという、認識はあるようで、ないようで。

でも少しでも恐れているからなのか、この時期で、在庫がないという理由を付ける事で、接種をするように求めています。

在庫の問題は、すでに存在しているように思います。なぜならこの情報は、本来伏せておきたい情報のはずです。なぜなら期限が切れたら廃棄しなければならないからです。

この在庫問題を出す事により、「これから旅行客も増えるし、せっかくなら、念のために、」という、庶民の意識に変化を呼び起こそうとしている様にも見えます。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。