Konsumen Meikarta Digugat
Anak Usaha Lippo Rp56 M

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
火曜日, 24 Jan 2023 07:35 WIB


リッポーチカランにあるグループ「Meikarta Consumer Care Community Association(PKPKM)」の管理者ら18人が、西ジャカルタ地方裁判所で560億ルピアの「民事訴訟」に直面しました!

この訴訟は、PT Lippo Cikarang Tbkの子会社であるMeikartaの開発会社「PT.Mahkota Sentosa Utama(MSU)」が提起したものです。

「Meikarta PKPKM」のアエプ・ムルヤニ会長は、この訴訟の第一審が本日24日(火)09:30 WIBに西ジャカルタ地方裁判所で行われることを明らかにしました。

「PT.MSU社は、会社に損害を与えた「名誉毀損」を理由に、Meikartaの購入者18人を総額560億ルピアで訴えた」と、アエプ氏は文書で述べた。

アエプ氏は、被告であるPKPKMの管理者とメンバー全員が裁判に出席することを明らかにした。

西ジャカルタ地方裁判所のSIPP(苦情処理情報)サイトに基づき、2022年12月23日付の事件番号1194/Pdt.G/2022/PN Jkt.Brtで訴訟が登録されています。

その訴訟では、PT.MSUは、裁判所が、即座に規定の 4 つのことを認めることを望んでいます。 まず、原告の担保没収申請を認めます。



第二に、被告の全資産(動産・不動産)に対して担保を差し押さえすること。

第三に、被告らに対し、原告の名誉および信用を毀損する一切の行為、行動および発言を繰り返すことを停止するよう命じる事。

第四に、この命令は即時的なものであり、裁決が法的拘束力を持つまで、訴訟中でも、即時実行されなければならないと規定すること。

また、本訴訟において、原告は被告らに対し、不法行為による物質的損失441億ルピア、非物質的損失120億ルピアを連帯して賠償するよう請求しています。

次に、被告は、Kompas Daily、Bisnis Indonesia、Suara Pembaruan(メディア)3つの半ページの全国紙で公式に謝罪することも要求されました。

その後、被告は、銀行ノブ、DPR、および被告が訪問した他の関係者に向けて、提出された告発が真実ではないことを示す公式の手紙を書くことも要求されました。

その後、原告は裁判所に対し、第一審で事前に担保の没収を決定し、その後、原告のすべての資産が最終決定で、担保の没収が合法的かつ価値があると宣言するよう求めました。

「この決定は、上訴、破棄の努力があったとしても、事前に実行できると宣言します。」と、彼は訴訟の訴状で述べたと引用されました。

さらに、原告は、被告に対し、本件で発生した裁判費用の支払を命じることも求めました。

この訴訟に関して、PT MSUとLippoから声明は出ていません。

CNNIndonesia.comは、訴訟に対するPT MSUの回答をまだ得ようとしています。

Meikartaの件は、昨年12月、多くの消費者から「2019年に約束した物件が届かない」という苦情が寄せられ、再び表面化しました。

その展開の中で、PKPKMの会員である多くの消費者がDPRにクレームをしていました。

今月中旬、彼らは衆議院の第六委員会の公聴会に出席し、この開発会社に資金の返還、すなわち返金を要求しました。

「我々、Meikarta Consumer Care Community協会のメンバーは、基本的にこのユニットにはもう興味がなく、返金という形で我々の権利の返還を求めることに同意しました。」と、PKPKMのアエプ・ムルヤニ会長は水曜日(1月18日)に下院の第6委員会でヒアリングを行った際に述べた。

サイト内参考記事:


<簡単解説&コメント>

この話題はびっくり!告訴するのは購入者かと思いきや。でも後々読んでいくと、この不動産開発会社が弱気に出て提訴されてしまうと、悪い評判にさらに拍車がかかり、とんでもない損が出る結果になってしまうので、先に提訴を出して置く事にしたのであろう。でもこの訴えだと、購入者はまだ一部あるいは全金額の支払いが済んでおらず、その支払いの担保を、この会社あるいは銀行が差し押さえできるようにする内容らしい。この購入者も支払いが済んでいないというのもびっくりする話です。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。