Buntut Panjang Kasus Meikarta,
DPR Panggil Menteri Investasi
hingga Ancam Panggil Paksa Pengembang

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
木曜日, 26 Januari 2023 11:30 WIB


メイカルタ地区の開発業者と消費者の確執をめぐる極論は尾を引き、今日に至っても終わっていない。

メイカルタ事件は、数百人のマンション購入者が、5年前の最初の支払い以降、購入した住戸について確信が持てないとして、返金を求めたことから始まりました。

この購入者は、補償やユニットを得るのではなく、逆に名誉毀損でメイカルタの経営陣から訴えられることになりました。

サイト内参考記事:
「Lippo子会社・不動産開発会社「メイカルタ」のアパート購入者がRp560億ルピアで訴えられる!(反対ではなかったの?)


二院制で、上院にあたる地方代表議会(DPD)と、下院にあたる国民議会(DPR)で構成される。ただし、地方代表会議がもっぱら地方自治や地方財政の関連事項を審議するのに対し、国民議会は立法、予算審議、行政監督について審議すると定められているため、必ずしも「両院制(二つの議院で一つの議会)」とは呼べないことに注意する必要がある。(ウィキペディア)



  1. DPR(国民議会)は多数の関係者を召喚する

この件を受け、インドネシア議会第4部会のアンドレ・ロシアデ委員は、この購買者に対するメイカルタ(Meikarta)問題を明らかにするため、複数の関係者を召喚する予定です。

国民議会が招待する関係者は、金融サービス機構(OJK)、税務総局、インドネシア銀行総裁、バハダリア・インドネシア投資大臣などです。

アンドレ氏は、2023年1月25日(水)、スナヤンにある国会議事堂にて、「第6委員会の委員長は、第3委員会、第6委員会、第11委員会を含む合同会議の許可を求めるべく下院の指導部に手紙を出す予定です」と述べました。

  1. メイカルタのボスを強制的に召喚するという脅し

インドネシア国民議会の第6委員会 マーティン・マヌルン副委員長は、

もし彼(PT Mahkota Sentosa Utamaの責任者)が再び召喚を欠席した場合は、警察の助けを借りて、Meikarta不動産開発者として召喚すると述べました。

彼は、メイカルタの代表者が出席していない公聴会で、このような要求を行いました。(一部省略)

国民議会は国家の最高機関であり、この建物で行われるすべての会議には、明確な法的ルールがあります。私としては、Meikarta社もいない中で、今極めるのではなく、法律番号「17/2014」を思い出してください。

と、2023年1月25日(水)に行われた衆議院第6委員会での公聴会で述べました。

  1. 欠席を続けると30日間の勾留になるという脅し

マーティン氏によると、召喚された人が3回欠席したり、召喚に応じなかったりすると、30日間の勾留になる恐れがあります。

「これは、法律(UU)第73条第5項に含まれる規則に従い、第4項の召喚状が正当な理由なく履行されない場合、関係者は法令の規定に従って最大30日間勾留させる事ができる」と述べた。

  1. かつて100棟の超高層ビルが建ち並ぶと予想された時代

2017年、Meikartaは35~46階建ての超高層ビルが100棟建つと予想していました。

このリッポーグループは、500ヘクタールの土地でのプロジェクトを、不動産業界での最大のプロジェクトとポートフォリオとして紹介しました。

かつて国民評議会の議長を務めたズルキフリ・ハサン氏からナスデム党のスルヤ・パロー議長まで、多くの政治家がこのプロジェクトの支援に奔走していました。

しかし、このプロジェクトは2017年に西ジャワ州政府との間で問題が発生しました。

当時の西ジャワ州副知事デディ・ミズワル氏が、リッポー・グループにプロジェクトの一時中止を要請しました。これは、ほとんどの土地が認可されていないためです。


<簡単解説&コメント>

当初から思っていますが、比較的短期間に、この広大な土地を都市に作り上げるという考えが、あまりにも短絡しすぎていました。「街」というのもさまざまな要因があり、成長したり、収縮したりして出来上がっていきます。そもそもこのグループが単独で、街づくりを設計し、そこに住民を入れていくという考えに不自然さを感じておりました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す