Menkes: Penularan Covid Omicron
Kraken Cepat, Tapi Lemah

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Jumat, 27 Jan 2023 05:35 WIB


ブディ保健大臣は、コロナウイルス(Covid-19)の亜種オミクロンXBB 1.5 (クラーケン)は、速い感染特性を持つが、人間の抗体に対しては弱いと述べた。

*専門家でも「今までできている抗体をすり抜けるという特性を持っている」といっているのに。



「監視しているクラーケンの感染速度は早いので。しかし弱い。つまり入院率は高くない。」

ブディ氏は26日(木)、ジャカルタの財務省コンプレックスでこう述べた。

ブディ氏は、オミクロンXBB 1.5亜種がインドネシアで1件見つかっていることを認めた。

この亜種は、インドネシアを訪れたポーランド人の外国人が持っていたものです。ブディ氏によると、この外国人はジャカルタ経由でインドネシアに入国したとのこと。

ブディ氏は、この患者の身近な人たちを追跡していることを確認した。

「バリク・パパンにクラーケンが入りました。確かに、この人はジャカルタを旅行したことがあります。

そこで今、私たちは監視を行っています。 入ったばかりで、すぐにわかります。 監視システムは良好だ」と語った。

さらにブディ氏は、血清調査の結果からもわかるように、インドネシアの人々はすでに高い抗体を持っていると考えている。

また、「Covid-19の症状が出た場合は、落ち着いてすぐに医療機関を受診してください。」と呼びかけました。

「我々の人々が良好である限り、合併症を持つ老人でも高い免疫力を持っており、神の思し召しで、もし新しい変異型があっても生き残ることができる。

サイト内関連記事:尻尾が出てきた?保健大臣がクラーケン(Covi-19)患者の事例!バリク・パパンのポーランド人外国人


<簡単解説&コメント>

日本でも、その他の世界でも、上記で太文字になっているコメントの通りですが、どうしてここまでして、クラーケンを擁護するのか?

大統領の命令をそのまま無事に遂行するために、このような発言をしているとしているしか思えません。この無発症者である彼を確保しているのか?彼に接したと思われる人を本当に見つけているのか?見つけられるのか?

この言葉通りでさえも、国内の誰かに感染していないはずがありません。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す