Luhut soal Impor KRL:
Masa Mau Beli Bekas Lagi ?

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
金曜日, 03 Mar 2023 20:00 WIB


ルフト海事投資調整大臣は、インドネシアは日本から中古列車を購入した過ちを繰り返すべきではないと述べました。

「我々はこのような過ちを二度と繰り返すべきではない。過去には中古列車を輸入したが、今また輸入するのですか?」

ルフト氏は金曜日(3/3)、彼のオフィスで説明しました。

ルフト氏は、中古列車の輸入をしなくなるような計画を立てるべきだと言いました。

彼は、国産の新しい電車を買うと高く付くが、そのお金は国内で回ることになる、と考えています。

中古列車の輸入には反対だが、ルフト氏は今年中に引退させなければならない列車が10台あるため、時間的な問題がありません。

そのため、彼は輸入決定前に金融開発監督庁(BPKP)に監査をさせる予定だ。

「しかし、時間の問題であれば、まずBPKPを派遣して、商品の監査を行わせることになります。

そうすれば、商品が第三者の手を介さず購入され、価格が適正であることを確認することができます。

適性価格のとかいりはあってはならないのです」と彼は言いました。

ルフト氏は、「そうですね、M10編成があるので、近いうちに(今年のKRLは輸入しなければなりません)」と語りました。

一方、産業省は依然として中古列車の輸入計画を拒否しています。

<中略>



インドネシア国鉄は2022年9月13日から貿易省に輸入許可を求めています。

しかし、貿易省が輸入許可を与えるには、産業省からの技術的な勧告が必要です。

4ヶ月間待った後、工業省金属・機械・輸送機器・電子総局(ILMATE)は、列車のニーズは、国有企業の列車製造メーカーPT Industri Kereta Api(INKA)で満たせるという判断で、輸入拒否を含む回答を出しました。

2023年1月6日付の書簡には、「国内製品ユーザー改善プログラム(P3DN)」を通じて国内生産の拡大と輸入代替に注力する政府の方針を考慮すると、国鉄による輸入計画は続行できないことが記されていました。

国鉄の子会社は、実際にPT INKAに対して、引退する数に応じて中古列車の交換を発注しています。

問題は、この国有企業が国鉄に提供できるのは、2025年に発注される客車のみということです。


<簡単解説&コメント>

上記のYoutubeを見せていただきましたが、日本のあらゆるタイプの中古列車がインドネシアに来ているようで、驚きです。そんな中であるタイプの列車については、輸入が必要のようです。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す