Ohayo! Batik Air Punya Penerbangan
Cantik 23.23, Terbang ke Nagoya

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Sabtu, 04 Mar 2023 19:20 WIB


日本はインドネシア人にとって大好きな旅行先になっています。この可能性を見て、バティック・エアは名古屋への新ルートを開設しました。

バティック・エアの名古屋への新サービスは、中距離路線に特化して設計されており、バティック・エア・マレーシアと接続されています。

「バティック・エアは、旅行者や観光客を歓迎することに興奮しています。

バティック・エアは、お客様に忘れられない旅行体験を提供するために、より良い商品を提供することをお約束します。」とバティック・エアのコーポレート・コミュニケーション・ストラテジック「ダナン・マンダラ・プリハントロ」氏は公式声明で述べています。

このフライトは、「23.23」という美しい番号のフライトとして、人気があります。この路線は2023年の3月2日に導入されました。

また、同市名古屋は、日本の3都市(成田、大阪、北海道<札幌>)に次いで、人気のある都市です。



「名古屋は、日本の中心に位置し、日本で最も発展した地域の1つとして知られる中部地方への玄関口であり、非常に戦略的な都市です」と説明しました。

フライトは、毎週火曜日、木曜日、土曜日の実質・週3回運行されます。この路線は2023年3月30日に運航を開始します。

名古屋は日本の重要な都市の一つであり、長期ビジネス、短期ビジネス、観光と3つの特徴があります。

名古屋は日本の産業の中心地であり、トヨタ自動車、三菱自動車、ホンダなどの大企業の本拠地です。工業の中心地として、この街は多くの仕事とビジネスの機会を提供しています。

名古屋には、名古屋城、熱田神宮(あつだじんぐう)、日本庭園があり、日本食や工芸品を提供するレストランやショップなど、人気の観光地が数多くあります。

「名古屋は、地下鉄、バス、新幹線などの交通網が発達しており、東京、京都、大阪など日本の3大都市と結ばれています」と締めくくりました。


<簡単解説&コメント>

現在LCCを始め、一般のエアーチケットが高騰している中で、バティックエアーは極端に安いチケットを販売する会社ではないそうですが、国内で注目されそうです。

日本は寒い冬がそろそろ開けて、梅や桜の花が咲いてくる季節になり、日本での観光も盛んになる直前のこの時期に、タイムリーにこの商品を発売してきました。

日本好きで、極端にお金がある方ではない人たちに取っては、身近に日本に行ける機会を作ってくれそうです。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す