Ketar-ketir Flu Burung Tulari Manusia,
Mungkinkah Ada Kasus di Indonesia?

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Senin, 06 Mar 2023 06:25 WIB


COVID-19はまだ終わっていませんが、また新たな病気の脅威が出現しています。最近、いくつかの国で鳥インフルエンザがヒトに感染した事例が報告されています。

少なくとも中国とカンボジアの2カ国では、それぞれ2件の鳥インフルエンザの人への感染が報告されています。

中国の事例の1つは、最近多くの国に広がっている新しいH5N1グループ「2.3.4.4b」が関係しています。

インドネシアのブディ保健相は、インドネシアでのヒトへの感染の可能性を否定しませんでした。

しかし、ヒトからヒトへの感染は証明されていないため、そのリスクはまだ比較的低いと考えられています。

「確かに、Covid-19パンデミック後に注意しなければならないのはインフルエンザで、H(記号)が使われるこのインフルエンザ・ウイルスは N (記号)を持ちし、H1N1、H5N1、H3N3 はすべて H と N を使用し、H5N1 を満たす人は鳥インフルエンザ、この鳥インフルエンザです。

ヒトからヒトへの感染はまだ見つかっていない」と保健大臣は述べました。

当サイト外の関連記事:

インフルエンザの“H”と“N”(ドクターズプラザより)



「彼らは、人に感染するインフルエンザが存在すると言いますが、それは科学的根拠に基づくものでなければならない。我々は、動物の家禽の監視を見なければならない。

突然死亡した多くの動物がいる場合、我々は迅速に彼らの血液を採取し、ゲノムシーケンスでそれをテストしなければならない 」と保健大臣は、金曜日(2023年3月3日)にチプト・マングンクスモ病院(Cipto Mangunkusumo Hospital)で語りました。

保健省と農業省は現在、家禽類での感染や家禽類から人への感染のリスクを減らすために追跡を実施しています。

「H5N1鳥インフルエンザと判明した場合、そこには家禽動物の封じ込めが必要です。」と説明しました。

「監視は、農務省との連携が必要で、それを今やっていることです」と彼は続けました。

周知のように、家禽類の鳥インフルエンザが、最近も「シマヒ」という場所で検出され、172羽が感染し、そのうち49羽が死亡しました。

「通常、伝染は動物からのものであるため、人間を検査します。これは家禽からのものであり、それを防ぐ方法は、マスクを着用したり、入念に手を洗う方法など検証中です。」と彼は続けた.

最近、中国ではH5N1のヒト感染例が2件報告されている。

最新の症例は、2月24日、江蘇省の53歳の女性で発見された。

遺伝子配列の結果、この患者は、現在各国で拡がっている、多くの鳥に感染している新グループ「2.3.4.4b」に感染していたことが判明しました。

一方、カンボジアでも2名のヒトの鳥インフルエンザ感染者である事が報告されました。

現地の保健省による遺伝子配列解析の結果では、いずれも数年前からこの地域で流行している風土病のH5グループ「2.3.2.1c」ウイルスであった事が確認されました。

これまでのところ、ヒトからヒトへの感染の証拠は見つかっていません。


<簡単解説&コメント>

ご存知の通り、鳥インフルエンザが人に感染する?またそのようなインフルエンザも存在することはわかっています。コロナ禍に入る前から、世界中で騒がれた時期があります。

<サイト外関連記事>

カテゴリー「ニュース」記事リスト


皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す