Siap-siap! Bansos Ramadan
Jokowi Bakal Cair Bulan Ini

オンラインメディア「CNBCインドネシア」が伝えています!
07 March 2023 18:35


財務省のイサ・ラチャマタルワタ予算局長は、政府から支給される社会扶助(バンソス)は今月中に支給される予定であると述べました。

社会扶助の構成要素の一つである米は、すでに食糧調達庁にあり、配布の準備が整っています。

「米がすでに食糧調達庁にある場合、(今月)3月になると予想される 」と、火曜日(2023年3月7日)、記者団に説明しました。

社会扶助の正確な配布時期について尋ねられたイサ氏は、現在、政府は社会扶助の受給者数を決定しており、社会扶助を配布する仕組みについて議論していると説明しました。

「会議そのものを見ると、食糧調達庁が社会省を通さず、直接配布を希望しているようなので、実施についてはまだ議論中です。

しかし、受給者のリストについては、社会省が持っていると推測されます。どのように実行されるかはまだ議論しているところです」と付け加えました。

とはいえ、イサ氏は、この社会扶助の配布が、予算の問題で制約を受けることはないだろうと確信しています。というのも、この社会支援プログラムはジョコ・ウィドド大統領によって決定されているため、予算を確保しなければならないからです。



「大統領によって決定されたのだから、支給されなければなりません。予算は通常、障害にはなりません。

なぜなら、食糧調達庁は通常、先に実施されて、後で請求するからです。

もし彼らが(米を)配給したいのであれば、配給することができますが、理想的には、まず政府に請求する仕組みがあるので、その後、彼らは国庫から実行することができます」と彼は締めくくりました。

以前、財務省の財政政策庁(BKF)のフェブリオ・ネイサン・カカリブ局長は、米、卵、鶏という主食の3要素からなる社会支援プログラムの詳細が明らかになった後に、総予算を算出すると説明していました。

フェブリオ氏は、新しい社会扶助が断食月と断食明けの祭り(イード・アル・フィトル)の断食期間中の季節要因に影響されるインフレが抑制されることを目的としています。これは確かな事です。

このように、社会扶助の3つの構成要素は、人々の購買力を維持するためです。

「我々は、毎年起きる、この時期のインフレや人々の購買力を維持し、またラマダンとイード・アル・フィトルへの準備のためにすべてを準備しました。」と、火曜日(2023年3月7日)に引用してフェブリオ氏は言いました。


<簡単解説&コメント>

インドネシアでも、イスラム教の教えで、貧しい人には施しをという事があります。特に断食月前後では、このように、自分の周りに住んでいる方々に、出来る限りで食べ物などを配る習慣があります。これを大統領ですから、国民に向けて施しをしているという事です。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す