皆様とどうぞ共有ください!

Survei Pilpres 2024:
Ganjar-Sandiaga Ungguli Prabowo-Erick Thohir

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Jumat, 19 Mei 2023 06:00 WIB


Indikator Politik Indonesia(インドネシア政治指標)最新の2024年選挙調査によると、大統領/副大統領候補のペア「ガンジャール-プラノボ&サンディアガ・ウノ」は、他の2つのペア、すなわち「プラボウオゥ・スビアント&エリック・トーヒル­」と「アニス・バスウェディン&アグス・ハリムルティ・ユドゥヨノ氏(AHY)に勝っています。

5月18日(木)にジャカルタで政治指標の調査結果を発表した際、「ガンジャール氏とサンディ氏がペアになれば、38%という最高の当選率を得ることができ、他のペアより優れている」とインドネシア政治指標事務局長ブルハヌティン・ムタディ氏は述べました。

中央ジャワ州知事と観光・創造経済大臣のペアは、プラボウォ・スビアント国防大臣とエリック・トヒル国有企業大臣ペアを上回り、32.2%の当選率で2位となりました。

一方、3位は大統領・副大統領のペアで、前DIジャカルタ州知事アニス・バスウェダンと民主党議長アグス・ハリムルティ・ユドヨノで、19.2%の当選率を獲得しました。

次のシミュレーションでは、

「プラボオ&エリック」のペアや、東ジャワ州知事の「コフィファ・インダル・パラワンサ」氏とペアを組んだアニス氏と並べても、

「ガンジャール-サンディ」ペアが優れているとブルハヌディン氏は言います。

「ガンジャルとサンディ」ペアの当選率は37%であった。「プラボオ&エリック」は34.3%、「アニス&コフィファ」は17.9%の当選率を獲得しました。

「一方、回答しなかった、あるいは知らないと主張した回答者は10.8%だった」とブルハヌディン氏は述べています。



2023年4月30日から5月5日にかけて行われた政治指標調査には、無作為の電話番号による方法で選ばれた1,200人の回答者が参加しました。

その後、回答者に電話によるインタビューが行われました。

この調査の誤差は、95%の信頼水準で約2.9%と見積もられています。

一方、インドネシア総選挙委員会(KPU)が定めたスケジュールに基づき、大統領/副大統領候補のペア登録は、10月19日から2023年11月25日にかけて開始されます。

総選挙に関する法律第7/2017号(選挙法)に規定されているように、大統領/副大統領候補ペアは、DPRの総議席の20%以上を獲得または、前回のDPR選挙で全国有効投票の25%を獲得するという要件を満たす政党または政党連合によって提案されます。

現在、国会の議席数は575であるため、2024年の大統領選挙における大統領と副大統領の候補者ペアは、DPR RIで少なくとも115議席の支持を得る必要があります。

また、候補者ペアは、2019年の選挙に参加した政党または政党連合で、有効投票の獲得総数が34,992,703票以上であれば、指名することができます。


<簡単解説&コメント>

この世論調査は、仮定の段階での質問を国民に聞いています。正式には、まだ大統領&副大統領候補ペアは確定していません。そこから現在ある噂を元にこのような記事が書かれています。

もしそうであるならば、いずれもかなり若いペアが政治を仕切る可能性が出てきています。また現政府の重要な政治を経験している人たちが、副大統領候補に居るからです。おそらく現大統領の政策を引き継ぐようになるでしょう。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


カテゴリー「選挙2024」記事リスト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください