皆様とどうぞ共有ください!

Mahfud Dapat Info Aliran Dana Korupsi BTS ke 3 Partai:
Saya Anggap Gosip Politik dan Lapor ke Presiden

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
23/05/2023, 13:39 WIB


政治・法務・安全保障担当調整大臣兼通信・情報化担当大臣代理のマフッド氏は、4Gベーストランシーバー局(BTS)タワー建設の汚職疑惑事件における資金の流れが、3つの政党に流れているという情報を受け取ったと述べました。 

“はい、名前入りの情報を受け取りましたが、それは政治的なゴシップだと考えています。

私たちは規則に則って仕事をするだけです」。

マフッド氏は、火曜日(2023年5月23日)、中央ジャカルタの通信・情報省(Kominfo)オフィスで、エシュロンIのスタッフの職員を就任させた後、こう語りました。

彼は、政党への資金の流れに関する情報について、ジョコ・ウィドド大統領にも報告したことを明らかにしました。

私は大統領にも「私はこの件には立ち入りません」と報告しました。

立証が複雑になり、政治的混乱を招く恐れがあります。

したがって、検察庁かKPK(汚職撲滅委員会)に調査を依頼します。」とマフッド氏は語りました。

この4G BTSタワー建設プロジェクトは、ジョニー・G・プレート通信情報大臣が関与した汚職事件とされています。



「このプロジェクトは2006年から2019年にかけて行われ、順調に進見ました。問題が生じたのは2020年の予算以降で、つまり28兆ルピア相当のプロジェクト分が最初に支出され、2020年から2021年には10数兆ルピアに達した時でした。」

マフッド氏は月曜日(2023年5月22日)、ジャカルタの大統領府コンプレックスで述べました。

マフッド氏は、2021年12月に資金を計上する際、予算化されていたBTSタワーの建設が行われていないことが判明したことを明らかにしました。

また、このプロジェクトに取り組む当事者は、Covid-19のパンデミックを理由に、2022年3月までBTSの建設期間を延長するよう求めていました。

  「実際、資金はすでに2020年から2021年にかけて出ており、3月までの延長を求められている。法的には許されるべきではありませんが、延長が認められるべきです」と

マフッド氏は言った。

ちなみに、ナスデム党の政治家でもあるジョニーGプレート氏は、2020-2022年の通信情報省の4G BTSタワーとサポートインフラ1、2、3、4、5を提供する汚職容疑事件の容疑者として名前が挙がっています。


当サイト関連記事:

  1. 現通信・情報技術大臣が容疑者、大統領はすべての関係者に法的手続きを尊重するよう求める!
  2. 大統領に忖度か?悲しすぎる!ナスデム政党出身の現・通信情報大臣の手錠姿に悲しむ(同党首)

検察庁のジャムドゥスス・クンタディ調査部長は、プレート氏が容疑者として名指しされたのは、予算使用者としての権限と大臣としての立場が関係しているからだと明らかにしました。

もちろん予算使用者として、大臣としてもです。

調査の結果に基づき、本日、捜査チームは関係者の地位を証人から容疑者になりました」とクンタディ氏は述べた。

この事件で、金融開発監督庁(BPKP)が算出した損失額は8兆300億ルピアと推定されます。

一方、このプロジェクトのために支出された資金は10兆ルピアに達した。


<簡単解説&コメント>

検察庁から汚職撲滅委員会へと、捜査が移って行きそうです。今回は、3つの政党に渡る大掛かりな汚職事件に発展しかねません。プレート氏が窓口になって、お金を集め3つの政党に配られたのかもしれません。総選挙を前に、このようなスキャンダルが出てきました。この事で、国民がどのように反応するのか?来年の2月に行われる予定の選挙が、この事でどのように影響するのか?


カテゴリー「ニュース」記事リスト


コメントを残す