皆様とどうぞ共有ください!

Keputusan Jokowi Sudah Bulat!
Siap-siap China Merana

オンラインメディア「CNBCインドネシア」が伝えています!
26 May 2023 07:50


インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、鉱物処理・精錬施設(製錬所)を通じて下流部の工場などを建設していない鉱山会社に対して、2023年6月11日からボーキサイト鉱石の海外輸出を禁止することを全会一致で決定しました。

ボーキサイト鉱石の輸出を禁止する決定は、2020年鉱物・石炭採掘に関する法律第3号(ミネルバ法:鉱物と石炭に関する新工業法)の規定、具体的にはミネルバ法発行後3年以内を鉱物の海外販売の限度とする第170条Aに含まれています。

<中略>

「ミネルバ法第170条Aに従い、海外で鉱物を販売するための制限は、ミネルバ法が発行された後(2020年)最大3年であり、我々はまた、いくつかの緩和が実施された以前の国内処理政策を参照しなければなりません」と、金曜日(2023年5月24年)にDPRビルでアリフィン大臣は述べました。



アリフィン大臣は、最終的にボーキサイト商品のみが輸出禁止となった理由を説明しました。

彼は、国内で計画されている12のボーキサイト製錬所の建設のうち、少なくとも4つの製錬所がすでに稼働していると述べました。

残りの8つのボーキサイト製錬所計画は、まだ建設中です。

実際、8カ所の製錬所プロジェクトを現地で確認した結果、独立した検証者の結果とは非常に大きな違いがあります。

アリフィン大臣は、「7カ所の製錬所では、開発進捗が32%から66%の範囲に達したと検証報告書に記載されているにもかかわらず、まだ野ざらしの状態なのです」と述べました。

  • 中国がぐずぐずになるのに備えよ!

インドネシアのボーキサイト・鉄鉱石企業家協会(AB3I)は、ボーキサイト鉱石は28社で生産されており、年間総生産量は5600万トンであると指摘した。一方、これまでのところ、ボーキサイト鉱石の国内吸収量は年間1,200万トンにとどまっている。

このボーキサイト鉱石の製錬設備が今のところ2つしかないためです。そのため、残りの4400万トンのボーキサイト鉱石は、輸出しなければなりません。

APB3Iの記録では、インドネシア産の最大のボーキサイト鉱石の主な需要者(輸出国)は中国で、その量は約3000万トンに達します。

「中国が一番大きい」とAPB3I会長代理のロナルド・スリスティアントは、少し前にCNBCインドネシアに語りました。

知られているように、ボーキサイト鉱石は、アルミナ、化粧品、製薬、セラミックスおよびプラスチック充填剤産業に使用される化学グレードの※アルミナ(酸化アルミニウム)に加工することができます。


※アルミナとは(アスザックホームページより)

酸化アルミニウムのことで、セラミックスの中で最も汎用性のある素材です。 アルミナは電気絶縁性が高く、耐摩耗性、化学的安定性もありながら比較的安価で、 ファインセラミックスの代表的な材質です。


ボーキサイト鉱石の海外輸出禁止は、実は付加価値を得るためのインドネシア政府の試みです。 そのため、ジョコウィ大統領は国内の下流開発を要請しました。

下流化は州の歳入を大幅に増加させることが証明されています。

たとえば、ニッケルについては、2021 年のニッケル下流からの州収入は、前年のわずか 11 億米ドルに比べて 300 億米ドルに急増しました。

周知のように、ボーキサイト鉱石は化学グレードのアルミナに加工でき、アルミナ、化粧品、医薬品、セラミック、プラスチックフィラー(添加剤・充填材)産業で使用されます。

ボーキサイト鉱石の海外輸出を禁止する政策は、実はインドネシア政府の付加価値獲得への取り組みなのです。

そこでジョコウィ大統領は、国内でのダウンストリームを発展させるよう要請しました。


<簡単解説&コメント>

  • 製錬所開発
    Program Pembangunan Smelter

インドネシアの国家戦略の1つ:

ジョコウィ大統領は10の国家戦略プログラムを設定。はい何でも?

カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す