皆様とどうぞ共有ください!

Gerindra Singgung Kekacauan Politik
Jika MK Putuskan Pemilu Tertutup

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 30 Mei 2023 13:36 WIB


グリンドラ党は、憲法裁判所(MK)が選挙制度を拘束名簿式にした場合、2024年の総選挙で政治的混乱が起こる可能性を示唆しました

現在インドネシアでは、非拘束名簿式比例制。

グリンドラ党のハビブロクマン副会長は、この問題がほとんどすべてのレベルで発生することを懸念しています。

彼は、憲法裁判所の決定についてリークを受けたと主張するデニー・インドラヤナ氏の発言に対して、このように述べました。

「中央、州、郡・市のいずれのレベルであっても、政治的な混乱が起こらないか、心配しています。

と、火曜日(5月30日)、国会議事堂でハビブロークマン氏は語りました。

ハビブロークマン氏は、選挙段階がすでに進行しているため、問題が発生する可能性があるとし、憲法裁判所に対し、その決定において様々な政党の願望に耳を傾けるよう促しました。

「憲法裁判所が2024年の拘束名簿式を決定すれば、非常に大きな問題が発生します。

KPU(選挙管理委員会)でさえも、すべての政党は、非拘束名簿式型比例制の文脈で政権を準備している」と述べました。

以前、デニー・インドラヤナ氏は、2017年法律第7号に対する拘束名簿式比例制選挙に関する訴訟について、憲法裁判所で情報を得たと主張しました。



デニー氏によると、リークの内容は、憲法裁判所が訴訟(PDI-Pやゴルカルなど8政党による)を認め、選挙制度を非拘束名簿式型比例制、つまり政党投票にするというものでした。

また民主党のスシロ・バンバン・ユドヨノ(SBY)最高評議会議長は、進行中の選挙プロセスの途中で選挙制度を変更することは、政治的な「混乱」を引き起こす恐れがあると述べました。

「憲法裁判所への最初の質問は、選挙プロセスがすでに始まっているときに選挙制度を変更するほどの緊急性や非常事態があるかどうかということです。 暫定候補者リストがKPU(選挙管理委員会)に提出されたばかりであることを考えてください。

途中で選挙制度を変更することは、政治的な『混乱』を引き起こしかねない」と、SBYは日曜日(5月28日)に書いています。


<簡単解説&コメント>

いきなり選挙制度が変わると、国民は混乱するのも理解できます。でも立候補者がどの範囲で当選できるのか?公開されていないというシステムも、どうかと思う。政党のリーダーや幹部の機嫌で当選かどうか決まってしまう様な恐れがある事も理解したい。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


カテゴリー「選挙2024」記事リスト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください