皆様とどうぞ共有ください!

AstraZeneca Tarik Peredaran Vaksin COVID-19
di Tengah Heboh Efek Samping Langka

オンラインメディア「Detik」が伝えています!
Kamis, 09 Mei 2024 06:00 WIB


製薬会社アストラゼネカがCOVID-19ワクチンを全世界で配布を停止しました。

同ワクチンの深刻な副作用が世界中の市民から指摘されるなかでの停止です。

この事態を最初に報じた『テレグラフ』によれば、同社のワクチン回収要請は3月5日になされ、5月7日に発効されました。

同社は「開発された新型コロナウイルスワクチンの多様な品種により、この入手可能ではありますが、このワクチンが余剰になっています」と述べ、これが製造も供給も中止されているヴァクゼブリア(このワクチンの学名)の需要の減少につながっていると付け加えました。



外部参考記事:EU、アストラゼネカの要請受けワクチンの承認停止と取り消し/同社は最近重篤な副作用の可能性を認めた/日本は6千万回使用

http://totalnewsjp.com/2024/05/07/covid19-1235/

<アストラゼネカワクチン血栓事件の始まり>

英テレグラフ紙が報じたように、英国のある男性がワクチン接種後の重篤な症状によりアストラゼネカ社を集団訴訟で訴えました。

ワクチン接種者の家族は、アストラゼネカ・ワクチンの副作用が酷かったと主張しています。

訴訟を起こしたのは、2021年4月にアストラゼネカのワクチンを接種し、脳に後遺症を負ったジェイミー・スコット氏です。

彼の症例は、他の症例と同様に、血栓と血小板数の低下を特徴とする血栓症性血小板減少症候群(TTS)として知られる稀な副作用の深刻さを浮き彫りにしています。

アストラゼネカは英国高等裁判所に提出した文書の中で、自社ワクチンが「非常にまれなケースでTTSを引き起こす可能性がある」ことを認めました。

<アストラゼネカ社・ワクチンの稀な副作用を疑う>

心臓と血管の専門家であるヴィト・ア・ダメイ博士は、血小板減少を伴う血栓症症候群は、免疫系がワクチン中の特定の成分を脅威と誤認し、誤って血液中の血小板を攻撃する異常な免疫反応によって引き起こされる可能性があると説明します。

同氏はさらに、TTSはワクチン接種だけに関係しているわけではないと述べました。

この状態は、自己免疫疾患や出血状態など、他のいくつかの要因によっても発生する可能性があります。

その後、重度の感染症、特に敗血症を伴う感染症になっている方々は、このTTS と同じように血栓や血小板数の減少を引き起こす可能性があります。

深部静脈血栓症(DVT)や抗リン脂質症候群を持つ方々は、血液凝固や血小板の健康に影響を与える他の症状も、TTSのリスクを高める可能性もあります。

この症状は、血液凝固異常や血小板数の減少を引き起こす可能性があります。

さらに、TTSはワクチン接種だけに関係しているわけではないと言います。

この症状は、自己免疫疾患や出血性疾患など、他のいくつかの要因によっても起こり得ると言われています。


<簡単解説&コメント>

今の時期にアストラゼネカ社が弱気に出てきたのは、それなりの理由があり、その他会社も同じ理由を持っているのであれば、他社も同じように言い出す可能性が大いにあります。

またこのような事は、接種が開始されてからしばらくは言われ続けていましたが、その他の選択肢がないのでこのワクチンを打っていた方々も少なく無いはずです。

やはり世界中の普通の人たちが起こり、声を上げればいくらDSでも超お金持ちの方々が集まっても、どうにか良い方に向かうのかもしれません。私たちはもっと声を上げて、正しい情報を拡散して、これ以上の被害者を出さない事ならできるはずです!

カテゴリー「新型コロナ」記事リスト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です