皆様とどうぞ共有ください!

Horor! Banyak Pabrik ‘Raksasa’ di Jabar Tutup,
Ini Biang Keroknya

オンラインメディア「CNBCインドネシア」が伝えています!
09 May 2024 13:50


西ジャワ州で労働集約部門の多くの工場が閉鎖されるという現象は、インドネシア全国商工会議所(アピンド)のシンタ・ウィジャジャ・カムダニ会長も認めました。

シンタ氏は西ジャワ州で、縫製・繊維産業が最も多くの従業員を解雇し、生産を停止したり工場を閉鎖したりしていることを知っています。

「多くの工場が閉鎖されるほど従業員を解雇するという事で、衣料品(および)繊維製品工場が最も影響を受けていることは理解しています。

「他のセクターが依然として完全に制御されている場合、おそら閉鎖の拡大はコントロールされるでしょうから、過度に拡大することはないでしょう」とシンタ氏は水曜日(2024年5月8日)、ジャカルタのDPNアピンド事務所での会見時に述べました。



その理由について、シンタ氏は、閉鎖された西ジャワの工場は、以前の地域に比べて賃金コストが低く、生産性を考慮して中部ジャワ地域に移転したことが知られていると述べました。

「(工場は)賃金が低かったので、他の地域に移転しました。

他の地でも賃金が安くなる可能性があるので、そういった理由で移動します。

「多くの人が中部ジャワに移住しました。」と彼は語りました。

シンタ氏は、ビジネスを運営するのに本当に重要なのはコストであり、そのうちの 1 つは人件費ですと述べました。

「ビジネスにかかるコストは懸念すべき厄介な問題ですが、どうすればそれをコントロールできるのでしょうか?」 彼は言いました。

人件費などの事業運営コストとは別に、今日のような需要が減少している状況では、生産性の向上も最終的に考慮すべき事項であるとシンタ氏は述べています。

しかし、シンタ氏は、事業継続の要素は労働賃金や生産性だけでなく、原材料なども考慮する必要があると強調しました。

「西ジャワが他の条件によって、企業にとって依然として考慮の対象である可能性はあります。

だから、他の地域の人件費が安いからといって、恣意的に移転するのではありません。と彼は結論付けました。


<簡単解説&コメント>

インドネシアは内需が強いはずが変わってきたのか?だとすれば、やはり新コロナにより、突然のトラブルが起きる世の中であると、怖がっているのかもしれません。そこで出費を抑えている可能性が多々あります。

これは中国も然り、その他の国でもこのような影響を出しているのかもしれません。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です