皆様とどうぞ共有ください!

Berencana Jastip Skincare di Luar Negeri?
BPOM Wanti-wanti soal Ini

オンラインメディア「Detik」が伝えています!
Kamis, 09 Mei 2024 14:02 WIB


海外から化粧品やスキンケアを輸入する現象は大きな需要があります。

これに伴い、海外からスキンケアや化粧品を委託・提供するサービスを開設する人も増えています。


外部参考リンク:

インドネシアの若い女性が利用するアプリ「Jastip(Jasa-titip)」は、アプリ内で販売されているものを購入するのではなく、欲しいものを出品者に購入してきてもらうという仕組みで人気を得ている(TNCトレンドウェブサイト)

https://tnc-trend.jp/indonesia40/

Jasa:サービス・Titip:委託する



BPOM RI (インドネシア医薬品食品監督庁)リズカ・ルシア・アンダルシア氏、所長代行によると、この現象は海外からの化粧品やスキンケア製品に対する人々の需要が大きいために起こっているとのことです。

「通常、砂糖もアリも存在し、需要と供給が存在します。」

「違法に輸入された、または輸入された多数の化粧品は間違いなくインドネシアで多くの需要を持っています」と、彼は2024年5月6日(月曜日)、南ジャカルタのクニンガンでの記者会見で述べました。

海外のJastipスキンケアや化粧品も流通許可のない商品に含まれます。

リズカ氏は、スキンケア化粧品が販売許可を取得していない場合、制裁の対象となると述べました。

問題の制裁は撤退と破壊である。これは、当該製品が規定を満たしていないと判断された場合に行われます。

それでも、いくつかの条件付きで、化粧品やスキンケアを海外から持ち込むことは許可されています。 持ち込み商品は20点までとさせていただきます。

規定があり、海外から持ち込む場合は個人使用を前提として20個までとなります。

例えば、私が海外から持って入る場合、それは私個人の使用、私の子供の使用であり、販売目的ではありません」とリズカ氏は説明しました。

「大量に販売したい場合は、登録する必要があり、販売許可を取得する必要があります」と彼女は言いました。


<簡単解説&コメント>

この様に個別に、友人のために、代わりに買ってあげるという物であれば、個人的な物であるので、子供のためであるとも言えるのでしょう。そこでここでは、20個までとなっている様です。

カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です