皆様とどうぞ共有ください!

Hubungan China & Tetangga RI
Kian Panas di LCS

オンラインメディア「CNBCインドネシア」が伝えています!12 May 2024


フィリピンが南シナ海の紛争地域に船を派遣しました。

この措置は、中国が「人工島」を建設していると非難したことを受けて行われました。

この政策は、海洋境界紛争における両国間の緊張をさらにエスカレートさせるものです。

CNA(シンガポールのニュースメディア)が伝えたフェルディナンド・マルコス・ジュニア大統領官邸の公式声明は、「フィリピン沿岸警備隊は『人工島』を建設している中国の違法行為を監視するために船を派遣した」と述べました。



大統領府は、他にも2隻の船が交代でこの地域に配置し、駐留していると付け加えました。

フィリピン沿岸警備隊のジェイ・タリエラ報道官はフォーラムで、マニラが「エスコダ」と呼ぶサビナ礁で「小規模な埋め立て」があったと述べました。タリエラ氏は、埋め立てを実行する可能性が最も高いのは中国だと非難しました。

在マニラ中国大使館は、フィリピンの発言についてのコメントを求めたが、すぐには返答しませんでした。

フィリピンの国家安全保障担当補佐官は金曜日、両国の海洋紛争に関するフィリピンの提督との電話会話のリーク疑いで、中国外交官の追放を要求しました。

北京とマニラは1年前から激しい論争を繰り広げています。

両国は南シナ海で互いに海洋境界線を主張しています。

中国は、フィリピン、ブルネイ、マレーシア、台湾、ベトナムが領有権を主張している部分を含む重要な水路のほぼ全体の領有権を主張している。 常設仲裁裁判所は2016年、中国政府の主張には国際法上根拠がないとの判決を下しました。

中国は南シナ海のいくつかの島で大規模な埋め立てを行い、空軍やその他の軍事施設を建設しており、アメリカ(米国)ともこの地域への懸念を高めています。

フィリピンの船がサビナ礁に停泊し、砂州(さす)に砕いたサンゴを積み上げて行われた埋め立ての様子を撮影し記録しています。

タリエラ氏はまた、調査船や艦艇を含む数十隻の中国船の存在は憂慮すべきものだと述べました。

フィリピンのパラワン州から124マイル(200キロ)離れた環礁に中国船が進駐し、同時に沿岸警備隊がサンゴの死骸や破壊されたサンゴの山を発見したためです。

沿岸警備隊は、このサンゴの山が自然に発生したものなのか、それとも人間の介入によって引き起こされたものなのかを判断するため、海洋科学者をこの地域に派遣する予定です。

フィリピンは、第2トーマス浅瀬周辺の軍艦に駐留するフィリピン軍への補給任務を遂行する、フィリピン艦船の合流地点であるサビナ浅瀬で、長期にわたってパトロールと監視を実施すると付け加えました。

ここは、マニラと中国がしばしば海洋紛争を起こす脆弱な地域です。


<簡単解説&コメント>

中国は、太平洋に自国の船を出すために、このフィリピン海域を自由に航行させたいがために、この海域内に、自国の一部であると宣言する島を建設しているというニュースです。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です