皆様とどうぞ共有ください!

Ekspansi BYD ke Vietnam Hadapi Masalah,
Kerja Sama dengan Mitra Lokal Dihentikan

オンラインメディア「Beritasatu」が伝えています!
Senin, 13 Mei 2024 | 11:12 WIB


BYD(中国電気自動車メーカー)が、 ASEAN諸国の1つベトナムで問題発生。自動車販売などを手掛ける地場タスコ・オート傘下のニューエナジー・ホールディングス(NEH)が販売代理事業を停止!

Carnewschina(オンラインメディア)よると、月曜日 (2024/5/14) NEH はベトナムの販売会社であり、タスコオートの子会社はベトナムにおけるBYDの最大のパートナーの1つであり、以前は2024年末までに50のBYDディーラーを設立する計画を立てていました。

BYDは、ベトナムに多くのパートナーを抱えているため、ベトナムでの計画には影響しないと主張しています。しかし、NEHのディーラー数の約5分の1を占めており、状況はさらに悪化する可能性が高い模様です。



NEHは、事業戦略の調整と、経営資源を薄く分散させる計画により、目標を達成することが困難になったため、今回の決定に至ったと主張しています。

突然、NEHは、プロジェクトを継続するために未完成のディーラーを貸し出すために他の投資家と協議したいと述べました。

実際、最近では積極的に人材採用を行っており、NEHの以前の計画はすでにBYDと進んだ段階にあったようです。

NEH のディーラーは、ベトナムの首都ハノイと最大の都市でありビジネスの中心地であるホーチミンにあります。

NEH の所有者であるタスコオートは、全国に 86 のショールームを持ち、トヨタ、フォード、三菱、ボルボを含む 14 のブランドを販売しています。同社は昨年、Lynk & Co(ボルボとの共同出資会社・中国電気自動車メーカー)をベトナムにも導入しました。

BYD のベトナムでの当初販売計画は、ほぼすべての新規市場向けに Dolphin、Seal、Atto 3 モデルラインナップされています。

これらの車は当初は中国から輸入されるが、5億400万米ドルを投じた同社の工場が2024年末に生産を開始すれば、将来的にはタイから輸入される予定です。

今年末までには、Han、Song、Tangモデルがラインナップに加わる予定です。


サイト外情報:アセアン産業データ&レポート

ベトナム:自動車販売のタスコ、中国BYD車販売への参入を撤回https://ashu-aseanstatistics.com/news/203557-74422118620


BYDは、ベトナムの地元自動車メーカーである「VinFast」に次いで、多様な製品を持つ国内で2番目の電気自動車会社です。ベトナムで電気自動車を販売している中国メーカーはBYDだけではなく、Hongguang Mini EVをベトナムで販売しているWuling社もあります。

サイト外資料サイト:ベトナムEVメーカー「VinFast(ビンファスト)」とは?(SeizoTrend)

数日前に発表されたBYDベトナムのロードマップでは、2024年末までにディーラーが50社になるとしています。

BYDは今年下半期に同国で5,000台の自動車販売を目標としています。

これに先立って2023年5月、ベトナム政府はBYDがフート省に電気自動車を生産する工場を建設すると発表しました。

このプロジェクトは、BYDが2024年1月に発表された13億米ドルをかけてインドネシアに工場を建設することを優先し、延期されたと考えられています。


参考資料:中国の電気自動車会社

(下游)列で上枠が新興自動車メーカー&下枠が現行メーカー


<簡単解説&コメント>

電気自動車は一体ガソリン車の販売とどれだけ多く、少なく売れているのかご存知でしょうか?

タイの例ですが、調べてみると、月に数十台、直近で100数十台というレベル。これでビジネスになるのでしょうか?

さらにアメリカで排除され、EUでも嫌われ、販売台数だけ見たら、全く勝負にならない。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です