皆様とどうぞ共有ください!

Gerindra: Jangan Harap Kekuasaan Prabowo
Jadi Bunker Buat Mereka yang Mau Berbuat Buruk

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
13/05/2024, 17:38 WIB


ゲリンドラ党のアフマド・ムザニ幹事長は、すべての政党が2024年大統領選挙でのプラボウォ・スビアント氏の勝利を利用して悪いことをすべきではないと強調しました。

ムザニ氏は、悪意を持った人々に対し、2024年から2029年に選出される大統領プラボウォ・スビアントの権力を地下壕や避難所として利用しないよう警告しました。

(このコメントをしている彼自身が、プロボウォ氏が何をしでかすか?わからないから、怖いから焚き付けるな!と言っているように聞こえてきます。)



なぜなら、プラボウォ・ジブラン政権は完全に国民と国家の利益のためだけに利用されているからである。

「だから、この力が、暗いこと、黒いことをしたい人たちの安全な地下壕として利用されることを決して期待しないでください。

(*)Adigang adigung adiguna、sopo siro sopo ingsun(お前はエラそうな奴だ。わしが踏みつぶしてやる!お前はだれだ、わしはだれだ?おまえは何者だと言うのか?)やその他の悪行は避けなければなりません。


(*)参考資料:「孤児民族」(2017年4月10~12日)
ライター: ジャマアマイヤ指導者、文化人、ムハンマッ・アイヌン・ナジブ
ソース: 2017年1月19日付けコンパス紙 “Bangsa Yatim Piatu”


我々はこの権力をインドネシア共和国の統一と完全性を維持するための明るい光にします」とムザニ氏は月曜日(2024年5月13日)の声明の中で述べました。

したがって、プラボウォ大統領のリーダーシップの下で保持される権力は、善意、真実、安心感の創出、庶民の味方のために使われる権力です。

そして最も重要なことは、私たちが謙虚であり続けなければならないということです。

神の思し召しにより、私たちの闘いには常に祝福と善意が伴います。

「プラボウォ氏は決意しています。なぜなら、彼が持つ大統領の地位は、少数の人々を守るための手段にすぎないからである」と彼は続けました。

ムザニ氏は、プラボウォ氏の大統領選出はゲリンドラ幹部らにとって励ましになったと説明しました。

同氏は、多くの議員候補者は、自分の当選の有無を気にしていないとは関係なく、重要なことはプラボウォ氏が大統領に選出されることだ」と彼は説明しました。

しかしムザニ氏は、プラボウォ氏を大統領に当選させるだけでは不十分であることはわかっていますと述べました。

同氏によると、プラボウォ氏が政権を運営するには議会や政党からの強力な支援を含め、依然として国民からの支援が必要だと言います。

「目標は、昼食や牛乳の無料提供、安価な肥料など、あらゆる選挙公約を実現することです。

プラボウォ氏は就任後に公約を守るでしょう」と付け加えました。

「だからこそ、我々は国民の元に戻らなければならない。プラボウォ氏は就任後も約束を守るだろう」と付け加えました。


<簡単解説&コメント>

この幹事長の言葉から、十分に想像できるのは、次期大統領がどのような行動に出るのか?怖がっているようしか思われます。

逆に言えば、想像が付けば、その他の政党がどのような動きに出ようが、この大統領に任せれば良い訳で、幹事長が次期大統領の行動を恐れている様にしか思えません。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です