皆様とどうぞ共有ください!

Babak Baru Perang Dagang AS Vs China,
Tarif Impor Naik Gila-gilaan

オンラインメディア「CNBCインドネシア」が伝えています!15 May 2024 06:59


バイデン政権は、180億米ドルまたは約288兆ルピア相当の中国からの輸入品に対して新たな関税を発動すると発表しました。 (アメリカ議会ではないのか?)

ホワイトハウスは、米国の産業を不当な競争から守るために関税引き上げが必要だと主張しています。

ジョー・バイデン大統領は今年から、中国製電気自動車への輸入関税を25%から100%に4倍に引き上げます。

中国の太陽光パネルに対する輸入税は25%から50%に2倍となり、中国からの一部の鉄鋼とアルミニウム輸入品に対する関税は現在の7.5%から25%と3倍以上となります。

バイデン氏はまた、キャサリン・タイ米通商代表に対し、電気自動車用リチウムイオン電池と他の用途のリチウム電池に3倍以上の関税を課すよう指示しました。

2025年から中国の半導体輸入関税は25%から50%に跳ね上がります。

ホワイトハウスはファクトシートで、まず中国からの医療用注射器と大量の海上クレーンの輸入に関税が課されると述べました。

中国製の医療用ゴム手袋や一部の人工呼吸器、フェイスマスクも関税引き上げの対象となります。

バッテリーや天然黒鉛などの一部の品目については、関税適用期間が長くなります。

ホワイトハウスは、これは消費者の需要を満たすために、米国の製造業に国内電池の生産を増やす時間を与えるための一環であると述べました。



バイデン氏は火曜日(2024年5月14日)、「中国はこれらすべての製品に多額の補助金を出し、世界の他の国々が吸収できる量をはるかに上回る量を生産し、余剰製品を市場で投げ捨てるように中国企業に奨励している」と述べました。 CNBCインターナショナルが報じた、ホワイトハウスでの様子です。

「このような戦術を立てる場合、それは競争ではなく、不正行為です」と彼は付け加えました。

中国政府は火曜日、新たな関税を直ちに非難しました。

商務省報道官は声明で「米国の301条関税引き上げは、中国の発展を抑圧したり抑制したりせず、中国との関係解消を求めないというバイデン大統領の公約に反する」と述べました。

「米国はただちに誤りを正し、対中関税措置を撤回すべきだ。中国は自国の利益を守るために断固とした行動を取るだろう。」


「黄色信号」

ホワイトハウスのさまざまな機関の当局者らはここ数週間、グリーンエネルギー製造に対する中国国内の補助金について懸念を表明している。

彼らは、中国政府の補助金が企業のソーラーパネルや電気自動車などの安価なグリーンエネルギー製品を国内需要を超えて、過剰生産するまでに役立っていると信じている。

企業が余剰分を国内で売却できなければ、余剰分を世界市場に投げ売りする可能性があり、他国の新興グリーンエネルギー産業の定着が困難になると米国当局者らは警告している。

この影響が日本にすでに来ている(太陽光発電パネル・電気自動車など)<編集員>

ジャネット・イエレン財務長官は3月、中国訪問を前に「中国の過剰生産能力が世界の価格と生産パターンを歪め、米国の企業と労働者だけでなく世界中の企業と労働者に損害を与えている」と述べ、この問題で中国政府当局者らと対立しました。 

新華社(中国オンラインメディア)は報道の中で、イエレン氏の主張は「根拠がない」とし、「ワシントンの一部の政策立案者のゼロサム思考(一方が得をするためには他方が損をしなければならないという考え方のこと)を反映している」と述べました。

<政治的利害>

この新たな貿易制限は、ホワイトハウスが公式に行なった「インフラ・ウィーク」の直後に行なわれたもので、閣僚たちはバイデンのインフラとグリーン・エネルギーへの巨額の投資を宣伝するために全米を飛び回りました。

しかし、これらの投資の多くはまだ実行の初期段階にある。火曜日に発表された関税は、グリーンエネルギーにおけるアメリカの進歩を妨げている安価な中国製品の侵入を防ぐためのものです。

「中国は国内の電気自動車産業に投資し、価格面や競争面で大きな優位性を与える一連の不公正な慣行を行ってきました。

「中国が急速に輸出を伸ばし、この分野の生産能力が過剰であることを考えると、適切なセーフガードを設けることが重要だ」と当局者は付け加えました。

おそらく、単純な保護主義以外にも他の要因が働いていると思われる。 バイデン氏のグリーンエネルギー、半導体、伝統的インフラの将来への公共投資の成功が、11月の再選に向けた主張の中心となっています。


<簡単解説&コメント>

中国と米国が、完全に経済的に対立しているように見えますが、実はそうではなく、このようなメジャー報道に出てこない、インドネシアなどのローカルメディアでは、さまざまに中国やアメリカに贔屓気味に石炭を輸出しているという記事もあります。

インドネシアからすると、経済的支援を受けている中国にも、軍事的に逆らえないアメリカにも、インドネシアは嫌な顔が出来ません。

両方を大事にするような政治が、現大統領以上に続きそうです。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です