パート2

社会全般からの考察では、ビュッフェを開いているホテルやレストランは、三密に引っかかるでしょう。

ということで個室か、アクリル板などで仕切りを作らなければならないでしょう。

6月から年末までを考えて見る!

<客層から考える>

  • ローカルの所得中間層までの市民

彼らの行くレストランは、お客様は戻って来ますが、

「フル回転」でのお客様を受け入れる事はできないでしょう。

理由は、ソシアルディスタンスです。

  • 比較的に富裕層に近い市民(日本人も含む)

ローカルの中流より上の方々が初めに戻り始め、外国人(駐在や旅行者)が次という本格的に集まってくる様な順番で、正常に戻ってくるでしょう。

但し、個室があるお店は、個室の需要が増えてくるでしょう。

ブッキングや直接の来店により

公的な機関(国や各地域)が発表する、最低人数の「1グループ」で集まり、

個室に入ってもらうようになるでしょう!

<対策>

人気店は、S N Sで混雑状況(混んでいる時間を告知も含め)を発信するなどして、ブッキングしてもらう様にするとお客様は助かります!

さらに、W AやL I N Eで連絡をもらい、比較的余裕のありそうな時間帯の情報を発信しておくと、お客様は喜ばれるでしょう!

さらに、宅配などのお弁当サービスを始められたお店は、宅配で得られた機会を無駄にしない様に、宅配サービスと本業のレストラン事業を繫げられる様に、仕掛けを作りましょう!

とう事は、やはりオンライン技術を使わないと、スムーズに仕事が流れていきません。是非オンライン事業を進めてください!

お一人お一人に電話をして、営業を掛るのも良いですが、

V字回復を狙うなら必要です。

他店にシェアを奪われていく可能性が高いでしょう!

飲食関連のお仕事をされている方は、是非ご検討ください。

コロナをぶっ壊せ!

adminjktlife
Author: adminjktlife

コメントを残す