この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

アニスジャカルタ州知事は、犠牲祭に関する政府の規定についての席でコメントした。

感染者を探し、隔離することによりこれ以上広まらないようにすることが、ジャカルタ州政府の対策である。

また感染者が増加したことは今までいないと思った場所から感染者が現れた、市民たちはパニックにならないで、大いに喜ぶべきだ。

「私は感染した患者の数を抑えるより、COVID 19の感染領域が広まらないようにすることに重点を置いている」

WHOが決めた感染割合5%をジャカルタは28%にまで達し、

感染者20,572人でジャカルタはインドネシアでもっとも感染者が多い地域になった。

その次が東ジャワ、21,484人の感染者で第二位。

関連ローカルニュース


コラムニストのインドネシア人「スルヤ」氏


2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 

close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。