最近、下町の道端で牛や羊を目にする機会が多いと思うが、これは7月31日に祝う犠牲祭のためである。

メッカ―で一連の巡礼が終了ことを祝って、一年に一度羊や牛の美味しい肉を食べさせてあげようという気持ちで、貧しい人たちに対し肉を配ることである。

当日、全国のモスク及び礼拝所で、午前中に行う特別な礼拝を終えた後、専門の職人が住民から預かった牛や羊を殺す。その後、ボランティアたちが肉を引換券を手に待っている貧しい人たちの人数分だけ肉を小さく切って袋等に入れてに均等に配る。

話は、遠い昔何千年前のイブラヒムという預言者の時代に遡る。イスラムの預言者の一人、イブラヒムが「息子を犠牲しなさい」というアッラーの神様から命令の夢を見た。大事に育てた可愛い息子を殺すのかと、父親としてイブラヒムわ戸惑っていた。このことを息子で預言者でもあるイスマイルに伝えると「アッラーの命令に従って」と、父親に言った、そう言われた父親はおどろいた。実行した日、手と足縛ってイスマイルは横たわった、涙ながら父親のイブラヒムを目おつぶって刃物で息子の首を切ろうとした瞬間、アッラーはイスマイルのはずの生贄を羊に変えた。

「スルヤ氏」〜ジャカルタライフ〜コメンター

adminjktlife
Author: adminjktlife

コメントを残す