今年、もっとも飲まれているコーヒーBest 1にアイスコーヒー、カップチーノが二位そして三位に黒砂糖入りコーヒーだった。

あるコーヒー機器メーカーが去年8月に調べたカフェの数がジャカルタだけで、

2950店舗だったという。

ちなみにカフェの数を調査したのはこのコーヒー機器メーカーがはじめてらしい。

COVID19がインドネシアを襲う前、カフェにおしゃれな若者で賑わっていた。それが今はグリーン一色のジャケットを着たバイカーズ(GoJek & Grab)の群れが独占した。

その正体は、パンデミックコロナの真っただ中にも関わらず美味いコーヒーが飲みたい人のためにオーダーするバイクタクシーの出前のお兄さんたちである。

KOPI KENANGAN(思い出のコーヒー)は流行っているコーヒーショップの一つだ、その中でも、KOPI MANTAN (前の恋人)に注文が殺到する。どんなコーヒーだろう?

アメリカン、ブラックコーヒー、カップチーノまたはミルクを使うラッテ系は定番のメニューだが、チョコレートクッキー、ビスケット等を混ぜて作るコーヒー、昔懐かしい駄菓子を思い出すような香り、味のするコーヒー等々、コーヒーは、ジャコウネコでお馴染みのルワックコーヒーからどんどん進化する、また、そんなカフェに若者たちが集まる。

そして来年は、冷えたコーヒーにチョコクッキーとミルクで出来たアイスキューブを入れるCAFÉ LATTE COOKIES WITH CREAMが流行るそうだ、あなたはやはりブラックコーヒーがいいですか。


コラムニストのインドネシア人「スルヤ」氏

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。