インドネシアでは、アメリカのポンペオ国務長官はインドネシアの外相レトノ・マルスディとの二国間会合を開き、次にインドネシアのジョコ・ウィドド大統領と会合す後に、「アンソール青年運動」の宗教対話に出席しました。


「イスラム教がキリスト教徒や仏教徒と平和的に共存できないと言う理由は、本当に、ありません。私たちは皆、平和と相互尊重の共存が可能であることを知っています」とポンペオは木曜日にジャカルタでのアンソール青年運動との共同対話の中で言いました。

「1998年の改革以来、インドネシアは、さまざまな側面、さまざまな民族グループ、さまざまなイデオロギーがどのように平和に共存できるかという前向きな例を世界に提供してきました」とポンペオ氏は述べています。

信念の違いの中での調和は、イスラム教の教えをねじ曲げた人々が彼らの暴力的な行動を正当化するのは難しいだろうと付け加えました。<ISISを例>

Nahdlatul Ulama(PBNU)執行委員会のYahya Cholil Staqufの長が主催し、多くの異教徒の人物が出席したイベントで、ポンペオは、インドネシアで最大の2つのイスラム組織である「NU」と「Muhammadiyah」を称賛しました。

「NUやムハンマディヤなどのグループは、寛容と民主主義の伝統の高まりを信じる数千万人のインドネシアのイスラム教徒を代表している」と。


以下の記事を参照しました!

Kecam ekstremisme, Menlu AS sebut Indonesia contoh kehidupan harmonis beragama
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。