この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

少なくてとも、3つの大手オンラインメディアが報じていますが、今週の木曜日ぐらいから始まった4日以上の長期休暇で、国内の飛行場や高速道路は、つい最近の交通量が驚くほど増えている!と報じている。

例えば、

https://regional.kompas.com/read/2020/10/31/07240231/hari-ketiga-libur-panjang-509000-kendaraan-meninggalkan-jakarta

国内の高速道路の交通量が増えている記事(上記)

https://www.cnnindonesia.com/ekonomi/20201030220803-92-564295/penerbangan-jakarta-denpasar-rute-tersibuk-di-libur-panjang

バリ・デンパサールが混雑する飛行ルート(上記)


国内で人が動く事を恐れていた政府であったかのように、思っていたのは、編集員だけだったのか?

一部の人の間では、ここ数日感染者数が少し鈍化して来たのではないか?朗報?と思っていた。

今回の政府の長期休暇は、すでにわかっていたはずなのに、敢えて黙り、国民に任せている。そこからやはり、Go toトラベルなのであろう!

もちろん、日本みたいに奨励はしない、援助金も出さないが。黙っていても、好き勝手に、あまり空気を読まずに、動いてしまう国民性からしてわかる。

よく解釈すれば、政府はすでに、パンデミックは起きずに、黙っていてもなだらかに収束して行く事を知っている?

悪く言えば、ここは黙って静観して、もしかしたら大丈夫かも?各地方団体から政府の方に働きかけがあり、黙っていた?

いずれにしても、週明けから2週間後にどのようになっているのか?注目していなければ。

日本人の皆さんもまずは、ご自愛ください!(編集員)


close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。