「選手村ビル」コロナにかかりました!<インドネシア人体験談>②

時計の針は夜の十一時近くに回った。

午前零時ごろ隔離先の選手村ビルに到着、体温と血圧測入入院手続きを済ませ15階の部屋を与えてくれた。

部屋は二人用と一人用のベッドルームに居間、お湯の出るトイレ付シャワールームと隣に洗濯物が干せる台所がそばにあった。

結局、Wism Atlitに入るまでの手続きは保健所が手配してくれて私たちはただ指示を待つだけだった、そして費用は無料。ここまでしてくれたBPSJ保険には感謝した。

初日の朝、看護婦が説明に部屋に来た。食事は一日三回、決まったスケジュールは特にありませんが毎朝ビルを回って運動するように言われた。栄養の錠剤とマスクを五枚入ったビニール袋をくれた。

普通、入院すると決まって毎朝体温や血圧を測ったりするがそれも一度もなかった、医者も来なかった。

「おはようございます、今日の身体の調子はどうですか、困ったことはありませんか、一階ロビー医者が待機しているので困ったことがあったらいつでも私たちが案内します」と。

毎朝、看護婦の巡回があった。クーラーが二十四時間つけっぱなしにしてあるため、息子が風邪をひいた、看護婦の案内で一階にいる医者に診てもらった、ついでに、十日間でばい菌が死んでしまうことを検査しないでどうしてわかるのですかと質問した。「WHO研究結果です」症状のない患者はただ十日間、隔離すればCOVIDのばい菌は弱体し死んでしまうそうだ。私たちが入っている建物は、症状のない患者専用のタワー5だった。


  • 選手村ビル(Wisma Atlit)

2018年8月18日―9月2日ジャカルタと南スマトラのパレンバンでアジア大会が開催された。ジャカルタで競技する各国の選手のために中部ジャカルタで中央政府が10棟建てた。今年の3月下旬、コロナ感染状況を発表を始めたとほぼ同じ時期で、中央政府がcovid19コロナ感染の専門の仮病院に指定した。(Kompas.com)

  • 部屋に持ち込んだ方が便利な物

(もしも症状が軽かったりまたはなかった場合、隔離することにたったとき)これだけ持って行った方がいい。

基本的に、後から誰かに頼んで物を持って来てもらう事は可能です。万が一頼める人がいない場合、次の物を持って行った方がいいでしょう。

  1. 蚊対策。とにかく蚊が多い、蚊取り線香は危ないのでスプレータイプも持った方がいいでしょう
  2. 石鹸。身体を洗う石鹸、シャンプー、歯ブラシ、洗濯用、食器用の洗剤。勿論洗濯機はありません。バケツで洗濯します。
  3. ごはんにかける醤油、ケチャップ類または辛口のケチャップ。
  4. 部屋にミネラルウオーターのディスペンサーが完備してます。また、ペットボトルのミネラルウオーターが自由にもらえます。
  5. スナック類、果物等の軽食。24時間WIFIが使えて電波も強いのでパソコンを忘れなく
  6. スリッパ

看護婦にいえばいつでも新しいシーツやタオルがもらえます。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。