ジャカルタ、CNNインドネシア-政府は、雇用創出に関する2020年のオムニバス法第11号で、労働者の最大残業時間を増やしました。

https://www.cnnindonesia.com/ekonomi/20201103210415-532-565557/aturan-lembur-dalam-omnibus-law-cipta-kerja

以前のルールでは、残業は1日で最大3時間、1週間で最大14時間しか実行できませんでした。

1日で最大4時間、1週間で最大18時間の残業を可能にした。 これは、政府が最大残業時間を1時間増やしたことを意味します。

一方、残業労働者を雇用する起業家は残業代を支払う必要があります。 雇用創出法では、残業時間と残業賃金に関するさらなる規則が政府の規制で規制されています。

政府は、4時間連続して働いた後、少なくとも30分の労働時間と1週間の6労働日のための1日の休憩を提供する義務があります。

その後、労働者が12か月間継続して働いた後、最低12営業日の間労働者に強制休暇が与えられます。 休暇の実施は、労働協定、会社の規制、および集団労働協定で規制されています。


<コメント>

このようなお話は、外資や一流企業ならある程度の拘束力が働くと思いますが、例えば、従業員数が1桁の会社は、守れられるかどうか?

日本もそうだと思いますが、内部告発が普通にできるようにならないと、残念ながら、守れれないだろう。(編集員)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。