この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

記事掲載:11月5日

Bisnis.com、JAKARTA-インドネシアからの巡礼者は、ウムラ巡礼を開始しました。 彼らは11月1日に去り、すでにマッカで検疫プロセスです。

「本日11月1日に到着したインドネシアからの方々は、ウムラ巡礼を行います。 Umrahの実装は16.00Saudi Arabian Time(WAS)に開始されます」と、水曜日(2020年4月11日)の公式声明を通じて、Haji and Umrahの代理局長代理であるOman Fathurahman氏(アダブ人文科学部言語学教授)が説明しました。

彼によると、巡礼者はサウジアラビア政府によって規制されているように、3日間の検疫プロセスを実行しました。

「本日、ウムラを崇拝しているインドネシアからの224人のウムラ巡礼者がいます。 さらに、パキスタンからの巡礼者も38人います」と彼は説明しました。


※ウムラ

ウムラ (アラビア語: عُمْرَة‎, ラテン文字転写: ‘umra, 英: umrah) は、イスラーム教における巡礼の一形態であり、メッカにあるカアバ聖殿を訪れる巡礼のうち、ある特別な時期以外に行われるものをいう。これに対して、その特別な時期(ズー・ル=ヒッジャ月8日-10日)に特定の儀式を伴って行うものを「ハッジ」(ḥajj)という。ハッジを大巡礼、ウムラを小巡礼(al-ḥajj al-ṣaghīr, 英: lesser pilgrim)と呼ぶこともある。(ウィキべディア)


Hari Ini Jemaah Asal Indonesia Mulai Ibadah Umrah di Mekkah

<オリジナリ記事はBisnis.com>
04 November 2020  |  14:49 WIB

コメントを残す