コロナで収容される方々が減っている「選手村」1000人を切る!

ジャカルタの救急病院では、Covid-19陽性者が減っています。水曜日(2020年11月4日)の時点で、選手村「ウィスマアスリート」の症候性患者は1,000人を下回りました。

水曜日(2020年11月4日)の08.00 WIBの時点で、救急病院のタワー4、5、6、および7とウィスマアトレットケマヨランのマンディリ隔離室で1,572人が治療を受けていました。詳細には、症状のある974人と症状のない598人。

KogabwilhanI情報責任者のMarinesAris Mudian大佐は、RSDC Wisma Atlet Tower 6および7で、本日、軽度および中等度の症状を示した患者の治療を受けた全患者のうち、62人の患者が前日から減少したと述べました。

全体として、ウィスマアトレットの総患者数は、タワー6および7ウィスマアトレットに登録した患者と同じ数で23,587人に達し、そのうち22,613人が退院、回復、他の病院への紹介、または死亡しました。


  • 選手村ビル(Wisma Atlit)

2018年8月18日―9月2日ジャカルタと南スマトラのパレンバンでアジア大会が開催された。ジャカルタで競技する各国の選手のために中部ジャカルタで中央政府が10棟建てた。今年の3月下旬、コロナ感染状況を発表を始めたとほぼ同じ時期で、中央政府がcovid19コロナ感染の専門の仮病院に指定した。


Keterisian RS Covid-19 Turun, Wisma Atlet di Bawah 1.000 Orang

<オリジナリ記事はBisnis.com>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。