皆様とどうぞ共有ください!
COVID-19により数百万人が失業するため、失業率は10年ぶりに高く急上昇

インドネシアオンラインニュース「ジャカルタポスト」が伝えています!
中央統計庁(BPS)は木曜日に、インドネシアの開放失業率は2011年以来の高く急上昇し、パンデミックにより約267万人が職を失ったと発表した。

同国の失業率は8月に7.07%に上昇し、昨年同月の5.23%から1.84%ポイント上昇した。合計977万人が8月に失業し、2019年8月から前年比37.61%増加しました。「COVID-19の大流行は労働市場に異常な影響を及ぼしました」とBPSのスハリヤント長官は記者会見で語った。


Unemployment surges to decade high
as COVID-19 causes millions to lose jobs


ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで送信されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む