インドネシアの疫学者は、首都でのCOVID-19「コロナ拡大防止策」の取り組みは、世界保健機関(WHO)の推奨基準をはるかに下回っていると述べています。

オーストラリアのグリフィス大学の疫学者ディッキー・ブディマン氏は11月5日木曜日に、「理想的には、WHOの基準によれば、1から25になるはずだ」と語った。 つまり、COVID-19の検査で陽性となった人ごとに、接触追跡は、1メートル以内で、15分以上と定義された密接に接触した最低25人を特定する必要がある。



「推定すると、確認された100のケースごとに、2,500の特定された連絡先が存在するはずです」と彼は説明しました。 ただし、ジャカルタ知事のアニスバスウェダンによると、ジャカルタの接触追跡の比率は現在1:8であり、確認されたケースごとに8つの密接なコンタクトがあります。 「したがって、[WHO基準]には達していないが、まだ長い道のりがある」とディッキー氏は語った。 彼は、ジャカルタ政権に対し、COVID-19の蔓延を抑制するために不可欠であるため、接触追跡の取り組みを強化するよう要請した。

ディッキー氏は、追跡を通じて、ジャカルタ政府は、COVID-19を引き起こすウイルスであるSARS-CoV-2に感染した人と密接に接触した人々を即座に特定、テスト、隔離できると付け加えた。


Expert urges Jakarta to expand COVID-19 tracing capabilities, coverage

インドネシアオンラインメディア「ジャカルタポスト」

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。