DPR(国会議事堂)で行われる労働デモを守るために配置された2,295人のTNI-Polri(インドネシア国軍・インドネシア国家警察)

オンラインメディアCNNインドネシアから


本日月曜日(9/11)、DPRビル前での労働デモを確保するために、合計2,295人のTNI-Polri合同要員が配置されました。 デモ隊は再び雇用創出法のオムニバス法の拒否を表明するでしょう。

ジョコ・ウィドド大統領は、雇用創出に関する2020年法律第11号に署名したことで知られています。

デモンストレーション自体に参加する労働者の数は1,000人にも上ると推定されています。 彼らは10.30WIB前後に集会を開始する予定です。

このデモンストレーションに参加する労働組合は、インドネシア労働組合連盟(KSPI)とKSPIアンディガニ(KSPI AGN)です。

KSPIのサイード・イクバル大統領は、日曜日(11/8)の夜、声明のなかで、「立法審査メカニズムによる雇用創出に関する2020年法律第11号の廃止と、2021年の最低賃金の引き上げを要求する」と述べた。


 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。