数千人が物議を醸(かもす)している
イスラム教徒のグループリーダーRizieqShihabを歓迎

オンラインメディア「ジャカルタグルーブ」が伝える

火曜日の朝、何千人もの人々がタンゲランのスカルノハッタ国際空港の到着ターミナルを囲み、強硬派のイスラム教徒グループ・イスラムディフェンダーフロント(FPI)のリーダーであるリジエック・シハブ氏を歓迎しました。 Nov. 10, 2020

彼は、スピーチに関する名誉毀損や反逆を含むいくつかの法的問題に加えて、姦淫やポルノチャットの申し立ての中で、2017年5月にサウジアラビアに向けて出発しました。

彼は定期的にビデオを公開してジョコウィの指導者を非難し、選挙詐欺に関する一連の暴かれた誤った情報を発表しました。


午前9時頃に空港に到着し、中央ジャカルタのペタンブランにある彼の住居に案内されました。

「私は仲間のインドネシアのイスラム教徒に再び加わるために、そして彼らと一緒に戦いたいので、私は戻ってきました」と彼は彼の家の外で彼の支持者に言いました。

彼は「不正な指導者」に対する「道徳的革命」のための闘争を主導すると述べた。


<Rizieq Shihab>氏

インドネシアのイスラム主義学者であり、イスラム主義グループIslamic DefendersFrontの創設者でありリーダーです。刑事告発に直面して、彼は2017年にサウジアラビアのリヤドに逃げました。

【5月30日 AFP】イスラム教を侮辱した宗教冒涜(ぼうとく)罪で今月収監された、ジャカルタ(Jakarta)特別州のバスキ・チャハヤ・プルナマ(Basuki Tjahaja Purnama)知事に対する抗議デモの組織化を支援したイスラム強硬派の指導者の1人が、わいせつ罪の容疑者として名前が挙がっていることが分かった。以下の記事を参照

https://www.afpbb.com/articles/-/3130139

2012年、歌手のレディー・ガガがインドネシア公演を中止するということがありましたが、このFPIが深く関わっていました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。