Manisnya Industri Minuman Beralkohol
yang Terancam RUU Minol

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!


DPRは、アルコール飲料に関する法案(RUU Minol)を作成しました。

インドネシア-衆議院(DPR)は、アルコール飲料に関する法案(RUUミノール)を作成しました。この法案は、議論のために立法機関のWebサイトにアップロードされています。

この法案には、いくつかの種類のアルコール飲料、すなわちエタノール含有量が1〜5パーセント、5〜20パーセント、および20〜55パーセントのアルコール飲料の製造、保管、流通、および消費の禁止に関する事項が含まれています。 この禁止事項は、従来の混合または調合されたアルコール飲料にも適用されます。

その後、アルコール飲料販売は、慣習的な目的、宗教的儀式、観光客、薬局、および法律や規制で許可されている場所でのみ適用されます。規定に違反した当事者は、3か月から10年の懲役と、2,000万ルピアから10億ルピアの罰金の形で刑事罰の対象となります。

この法案を提案した当事者の1人であるPPP派の「IllizaSa’aduddin Djamal」のDPRのメンバーは、規則は1945年の憲法と宗教的教えの義務として意図的に作成されたと述べた。

「この法案は、国民を悪影響から保護し、アルコールを飲む人から社会に秩序と平和をもたらすことを目的としています」と「イリザ氏」は水曜日(11/11)にCNNIndonesia.comに語った。


それでも、この提案された法案の結果がどのようになるかは明らかではありません。 さらに、このルールが適用される予定・目標はありません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。